【ピアノ】自分がやっている楽器に詳しくなってトガろう

スポンサーリンク
趣味で楽器を練習したり創作したりする場合でも
せっかくであれば
自分がやっている分野に詳しくなって
トガッてほしいと思います。

 

このWebメディアでは

「ピアノの構造」や「ピアノ音楽史」など

直接は、演奏や創作に関係 “なさそう” なことにも

たくさん触れてきました。

 

では、

実践に活かせなさそうな知識的なことまで

なぜ「せっかくなら」と言わんばかりに

紹介しているのかというと、

これを今読んでいるあなたが

ピアノという楽器を選んだからです。

選んだこの分野にまつわるあらゆることに

トガッてほしいからです。

 

極端な例を挙げます。

 

「赤門」と言われる門がある、文京区にある名門大学に

毎年合格者を出す高校は

各都道府県にいくつもあります。

しかし、とうぜんながら

それらの高校にいる教員の全員がその大学の出身

というわけではありません。

にもかかわらず

そこを志願する高校生を指導して

何名も合格させていきます。

 

どうしてこんなことができるのかと言えば

答えはシンプルで、

各教員が、少なくとも自分の専門分野についてだけは

とにかくトガッているからです。

必ずしもありとあらゆる教科に精通していなくても

物理なら物理のみ、世界史なら世界史のみ、現代文なら現代文のみ、

自分の専門分野にとがっていれば

そういった人材が集まって

学校全体であらゆる教科を

高いレベルで指導することができます。

 

このようなことは、受験以外にも当てはまります。

筆者が指導で行っている音楽学校には

作曲の講師だけでも相当数いますが、

作曲の中における専門分野がみんなズレているんですよ。

学校の中での指導方針は同じ方向を向いていても

それぞれの専門分野は

みんなまったく違う方向を向いている。

だからこそ、

ひとつの組織の中で

それぞれの役割が生まれるわけです。

 

2つの極端な例を挙げましたが、

趣味で楽器を練習したり創作したりする場合でも

せっかくであれば

自分がやっている分野に詳しくなってトガッてほしい、

というのが、本記事で言いたいことです。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました