【ピアノ】音型に背かないクレッシェンドの方法

スポンサーリンク
本記事では、
“文字表現” によるクレッシェンドの問題点と
その改善策について解説しています。

 

クレッシェンドの “文字表現” は、

“松葉表現” よりもあいまいです。

 

crecendoと書かれていれば、

「そこからクレッシェンドするのだな」

ということは分かります。

しかし、

意外と音型に背いているケースは多い。

 

例えば、以下のようなケース。

楽曲が変わっても応用できます。

ドビュッシー「子供の領分 5.小さな羊飼い」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、23-24小節)

ここでは、

22小節目より「crescendo」の “文字表現” があります。

24小節目の mf が到達点となっています。

しかし、カギマークで示したところは

音型がおさまっているので

ただ単にグーっとクレッシェンドすると

おさまり尻が大きくなり不自然。

そこで、次の譜例のようにします。

つまり、

「上昇音型」に目をつけて

その箇所でのみクレッシェンドするのです。

そうすれば、

全体としてはドビュッシーの意図通りクレッシェンドできますし、

音型のおさまり尻がふくらむこともありません。

 

ポイントは、

「上昇音型」などの

クレッシェンドと相性の良い要素を見つけること。

もし、上昇音型が見つからない場合はどうすればいいと思いますか?

答えは簡単。

「段階的クレッシェンド」を取り入れればOK。

これについては、

以下の記事を参考にしてください。

【ピアノ】段階的なクレッシェンドの取り入れ方

 

今回はクレッシェンドを例にしましたが、

デクレッシェンドの場合は

反対に考えることで応用できます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました