【ピアノ】「ピアノの上達」と「音楽史」との関係

スポンサーリンク
本記事では、
「音楽史」の学習とピアノの上達との関係について
お話ししています。

 

「音楽史」というと、

日本音楽史、ジャズ史…

などいろいろありますが、

クラシック分野で言うと「西洋音楽史」が中心となります。

 

ただ、

西洋音楽史について

ピアノの上達にどう関連があるのか分からず

全く学んだことが無い方も多いと思います。

正直、西洋音楽史を学ぶことで

すぐにピアノ演奏が上手くなることはありません。

しかし、長く音楽を続けていきたい方、

上級レベルの演奏を目指す方へは

西洋音楽史を学ぶことを

強くオススメしたいと思っています。

 

例えば、

モーツァルトのトリルの入れ方は

父親のレオポルド・モーツァルトの教育が影響しており、

そのために、

ピアノを演奏する方にも

レオポルド・モーツァルトが書いた

「バイオリン奏法」という本が

参考になることをお伝えしてきました。

こういったことをはじめ、

音楽史から演奏に繋がることは多くあります。

表面上の音符を読むだけでしたら

音楽史は必要ありません。

しかし、

もっと細密な要素に入っていく演奏を目指す場合は

音楽史の知識も必要です。

 

私自身、

音大生の頃に西洋音楽史の授業が必修であったのですが、

その当時は

なぜ学ばなければいけないのかわかりませんでした。

音楽史を学んでいる時間があったら

1分でも多くピアノに向かっていたいとさえ

思っていました。

一方、

音大を出てから音楽史を学ぶことの重要性に

やっと気づいたのです。

それは、

私自身が表面上の音符を読むだけでない

演奏を目指し始めたからです。

また、

音楽史を知らないと

音楽に詳しい方と会話することができません。

 

音楽を専門でやっていく方ではなくても、

是非基本事項だけは学んでおきましょう。

 

私がオススメする入門書をご紹介します。

「決定版 はじめての音楽史: 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで」
音楽之友社

この参考書は定番中の定番です。

非常にわかりやすい上に

現代までをざっと知ることができます。

下手に難しく書いてあることはなく、

だからといってペラペラでも無い。

音楽史の書籍は何冊も読みましたが、

正直、入門においてはこれが一番オススメです。

深めたい部分が出てきたら

その時はもう少し深く書いてある参考書も

手に取ればOKです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました