【ピアノ】言葉を上手く使うと演奏も好意的に聴いてもらえる

スポンサーリンク
本記事では、
言葉によるアピールがピアノ演奏へ与える印象について
マナー面に焦点を当てて解説しています。

 

発表会や演奏会に出演するときに

「一言メッセージを出してください」

などと言われることがあるはずです。

それが

ステージへでていくときに読み上げられたり、

プログラムへ文字記載されたりします。

 

こういった際に用いる言葉が

演奏自体の印象も左右します。

言葉による情報は

「一種のプレゼンテーション」ですので、

決してないがしろにしないでください。

 

まず、

どんな聴衆が多い本番なのかを考えます。

その上で、場に適した内容を使い分けます。

 

例えば、

一般的なピアノの発表会であれば

聴衆の多くは「出演者の家族」でしょう。

おそらく

専門的な知識を持っているかたは少ないでしょうし、

楽器演奏の経験があるかも分かりません。

こういった場で、

「私はこの楽曲の第二主題に出てくるドッペルドミナントが〜」

なんて言ってもわかるはずありません。

しかし、

意外に多くのかたが

こういったことをやってしまうのです。

知識の博覧会にならないように気をつけましょう。

 

端的にいうと、

◉ 文章そのものを、分かりやすい言葉を使っても伝えられる内容にする
◉ 一文の中で何度も話題を変えずに、短く切る

これらのように工夫したほうが

その結果、むしろ演奏自体も好意的にきいてもらえるはず。

 

その他の注意点としては、

「自身よりも20〜30歳年上のかたが読んでも、違和感をもたれない言葉遣いを心がけておくこと」

これは欠かせません。

 

また、

プログラムへの文字記載の場合は

長ければいいというわけではありませんが、

200字以内と言われて20字程度しか書かないのは

印象良くありません。

プログラムというのは並びで見るものですので

一人だけ悪目立ちしてしまいます。

せめて、「指定限度の7割程度」は作成すべきです。

 


 

今回ご紹介したことは

マナー面に焦点を当てたほんのさわりにすぎません。

実際に言葉で何を伝えるかは

あなたがそのステージをどう演出したいかによって

注意深く選択する必要があるでしょう。

 

まずは、本記事の内容を参考に

「言葉を使って音楽を伝える、最低限のマナー」

に気をつけましょう。

繰り返しますが、

そうすることで

結果的に、演奏自体も好意的に聴いてもらえるのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました