【ピアノ】楽譜は自分で買おう。楽譜は自分で運ぼう。

スポンサーリンク
本記事では、
楽譜に関するマナー要素を
2点取り上げました。

 

楽譜は自分で買おう

 

「あの曲をやってみたい、楽譜をコピーさせて欲しい」

などと、知り合いに言われることがよくあります。

その度にお断りしています。

確かに、

はじから楽譜を買っていたら

金銭的な負担になることは否めません。

しかし、考えてみてください。

そもそも買えなくなるほどたくさんの楽譜は必要ありません。

今持っている作品をピカピカに仕上げる。

そうなる頃には、もう次のお給料日です。

「楽譜を買うお金はあまり無い、でも楽曲は浮気したい、手に入れたいからコピーしたい」

というのはわがまま過ぎます。

 

目の前にある作品は少ない方が

取り組むべき作品に集中できるようになります。

いつでも手に入ると思うと楽曲を浮気したくなるのです。

 

独学の良さは

自分で自分のペースをコントロールできること。

それは練習内容だけでなく、出費に関しても同様です。

習いに行っている学習者で、

楽譜を必要以上に買うように強制してくる指導者についている方は

その先生から今すぐ離れてください。

 

楽譜は自分で運ぼう

 

「自分が演奏する楽譜は周囲の人に持たせないこと」

「周囲の人」というのは、

「親」「マネージャー」などのことです。

 

以前、とある著名人が音大を受験することになった際に、

筆者の習っていた先生が

試験実技準備期間の指導をしていたそうなのですが、

どうやら、4人の付き人をはべらせてレッスンに来てしまった。

荷物もすべて持たせて。

そのときに、

「自分で演奏する楽譜くらい自分で持ちなさい」 

と怒鳴ったそうです。

 

「音楽に向き合うのなら、最低限、自分が使う楽譜ぐらい自分で持たないと」

ということ。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました