【ピアノ】16分音符のカタマリを見たら調べるべきこと

本記事では、
意外と忘れがちな譜読みのポイントをお伝えしています。

 

エチュードなどで

ずっと16分音符などの細かい音符が続いている場合、

それが

「スケールの16分音符」なのか

それとも

「分散和音の16分音符」なのかを

よく調べてみましょう。

切り替わったりもするので細かく調べていきます。

それによって

「深く出すべき音」「ペダリング」も変わってきます。

こういうところを読むのが「譜読み」です。

 

例えば、

ショパン「エチュード op.10-1」は

全編を通して明らかに分散和音ですね。

一方、

ショパン「エチュード op.10–4」には

「スケールの16分音符」

「分散和音の16分音符」

これらの両方が含まれ、

それらが小節によってチェンジされます。

 

どうしてこんなに基本的な話をするのかというと、

非和声音が混じった「スケールの16分音符」に変わったにも関わらず、

ペダルを踏みっぱなしで

音響が濁っている演奏をよく耳にするからです。

 

エチュードに限らず、

細かな音符が出てくる楽曲では

今回の注意点を意識してみてください。

「意外と忘れがちな譜読みのポイント」なのです。

 

「ペダリング」についてさらにまなびたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました