【ピアノ】同音連打の表現における注意点

本記事では、
「同音連打の表現」を音楽的に聴かせるためには
どういったことに気をつければいいかを解説しています。

 

本記事で取り上げている譜例は、

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例を1つあげましょう。

楽曲が変わっても似た音型では応用できます。

 

モーツァルト「ピアノソナタ第10番 K.330 第2楽章」

譜例(Finaleで作成、曲頭)

メロディラインを見ると、

C音が4連続「同音連打」していますね。

こういった箇所を音楽的に聴かせるポイントは、

「同じ音量、かつ同じ音質の音が2つ以上並ばないようにする」

ということです。

「コン!コン!」

というドアをノックする音を聞いて私たちが不快に思うのは、

全く同じ音量、かつ全く同じ音質の音が2つ以上並んでいるからです。

ここでは、1小節目(アウフタクトは1小節に数えていません。)の頭のC音

一番重みが入るように演奏するといいでしょう。

当たり前のことのようですが、

全て同じように平坦に弾いてしまう例は意外に多いのです。

 

あるカタマリをみた時に

「どこに一番重みが入るのかな?」

と考えるクセをつけましょう。

 

決して、

「楽譜には松葉もアクセントも書かれていないじゃん。」

などと思わないでください。

譜面というのはある程度の「利便性」を求める一面もあり、

「煩雑さ」を避けるために、

フレーズなどの関係で理解できる内容は

あえて書かれないことも多いのです。

もし、楽譜に書かれていないからといって

メロディの起伏をまったく平坦に演奏したり

フレーズ終わりでもおさめないで演奏したりすると

相当殺伐とした演奏になります。

そんな演奏をするピアニストは一人もいません。

 

つまり、

音楽記号だけが表現なのではなく、

「音符が書かれている」

ということは

「表現も書かれている」

ということなのです。 

こういったところを読み取っていけるようになると

譜読みの力がグンと伸びます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました