【ピアノ】「テーマ作曲家」を決めて深い学びを

スポンサーリンク

 

♬ ピアノ学習における年末の有効利用方法

♬ オススメする来年度の計画の立て方

 

こういった内容について解説します。

 

【本記事の結論】
来年力を入れて重点的に学ぶ作曲家を決めよう

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

私自身、

新しい年を迎える前に

必ずおこなっていることがあります。

それは、

「来年テーマにする作曲家を決める」

ということ。

 

ピアノ教室へ習いに行っている方は

取り組む楽曲を

自分で完全コントロールするのは難しい。

しかし、

ここで言っているのは

取り組む楽曲のことだけではなくて

「その作曲家についてのあらゆる知識も学ぶ」

ということなのです。

これは絶対です。

ネットに落ちている情報だけではなく

図書館などを利用してでも調べまくります。

 

考え方が四畳半になってはいけないので、

他の作曲家の作品にも目を向けて構いません。

一方、

「この作曲者について博士になってやろう!」

という中心にするテーマの作曲家を決めておくことで

真っすぐブレずに学習を進められます。

まず、レパートリーが増えます。

また、

私たちが陥りがちな

「広く浅く知っているだけで、特定の作曲家について深く語れない」

という状況も打破できます。 

 

初歩段階のピアノ学習は

教則本に沿っていくことで学習内容を決定できます。

しかし、

そういった学習がひととおり済むと

次の学習の進め方は

自分自身で考えていかなくてはならなくなります。

その段階に達した方には特に

「テーマ作曲家を決める」

というやり方が有効でしょう。

 

私自身は深く学ぶことを重視するため、

「1年単位」でテーマ作曲家を回していきます。

しかし、

このやり方に初めて取り組む方は

「2ヶ月単位」

などのもう少し短い期間で回していくと

新鮮味を保ったまま続けることができるはずです。

以前の私もそうしていました。

月日が経って

いずれまた

同じ作曲家に取り組んでもOK。

 

年末というのは

今年1年の学習成果を振り返ると共に

次年の計画を立てる絶好の機会です。

こういったことを決して軽視せずに

実りある年末を過ごしましょう。

 

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました