【ピアノ】和音連打はハーモニーの変わり目に注意

スポンサーリンク
手のポジション移動が大きいケースでは特に
和音の変わり目での音処理に
注意が必要です。

 

ハノンの第48番を例に解説します。

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、1-2小節)

 

このような和音連打が続くときに気をつけるべきなのは

譜例に矢印で示したような

「和音の変わり目の最終音が、いい加減になってしまっていないか」

ということ。

 

「いい加減」というのは例えば

◉ 処理が雑になって、音が欠けてしまう
◉ 焦って、そこだけ転んでしまう

などといった内容です。

 

単音の同音連打よりも

和音連打のときに

こうなってしまう傾向が強いように感じます。

 

(再掲)

譜例の場合は

同じ手指の形のまま

白鍵一個ぶん横へズレるだけなので

それほど難しくは感じないかもしれません。

しかし、実際の楽曲では

もっとポジション移動が大きいケースも多く出てくるので

和音の変わり目への注意がいっそう必要です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました