【ピアノ】今取り組んでいる作品について博士になろう

スポンサーリンク
本記事では、
初心者でも実践できる学習方法を取り上げています。

 

ピアノ教育の現場にいて驚くことの一つが、

「現在、自身が取り組んでいる作品のことすら調べていない方が多い」

ということです。

ベートーベンのピアノソナタを取り組んでいる方が、

ベートーベンの歌曲について詳しくない、

というのでしたらまだ分かります。

しかし、

作品についてよく知ることで

解釈に役立つことはもちろん、

音楽をより深く楽しめるようになります。

今まで気づかなかったことに気づけるようになるのです。

せめてご自身が取り組んでいる作品についてくらいは

徹底的に調べてみませんか。

 

学習方法としては、

「A4用紙を用意して、
手紙を書くくらいの文字の大きさで
その作品について知っていることをひたすら書き込んでいく」

このようにして、

紙が1枚が埋まるまで作品について調べましょう。

もちろん、

「この作品と同時期には、こんなことが起こっていた」

などという周辺情報も含めて構いません。

この学習方法の良いところは、

「何曲か取り組むと、関連のある知識が頭の中でリンクして整理される」

ということです。

たくさんのことを知っていても

それらの関連を理解して

時系列に頭の中で並んでいないと

実用的な本当の知識にはなりません。

そのための前準備にもなるのが、

この学習方法です。

 

今取り組んでいる作品についてでしたら

誇らしげにペラペラと喋れるくらい知識をつければ、

その時には

演奏においても奏法や解釈の面で活かせる力になるはずです。

私はこういった学習方法を何十年も続けています。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました