【ピアノ】楽曲の開始部分で注意すべきこと 2選

スポンサーリンク
本記事では、
「楽曲の弾き始めで注意すべきこと」のうち
2つの重要ポイントを
具体例と共に解説しています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

■楽曲の開始部分で注意すべきこと

♬ 休符から楽曲が始まっている場合

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

J.S.バッハ「インヴェンション第1番 BWV772」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲頭)

 

この項目でお伝えしたいのは、

この楽曲のように

「休符から楽曲が始まっている場合」

のことです。

 

譜例では、

1小節1拍目は「完全な無音」ということになります。(左手にも音がありませんので。)

このようにスタートする楽曲での注意事項は

「イチ!の拍感覚をしっかりと感じてスタートすること」

これに限ります。

「最初の休符をしっかりと感じる」

ということです。

当たり前のことを言っているようですが、

これがいい加減になってしまっている演奏は非常に多い。

 

なぜ、イチ!の拍感覚が大事なのか分かりますか?

曲頭は、その楽曲の拍子やテンポを決定して伝える大事な部分だからです。

拍の感覚が曖昧になってしまうと、

こういった大事な要素が分かりにくくなり

ダラダラと始まったように聴こえてしまいます。

 

♬ 長い音価の音符で楽曲が始まっている場合

 

曲頭が「両手ともに長い音価で始まっている楽曲」は多くありますね。

例えば、

ドビュッシー「ベルガマスク組曲 3.月の光」

ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番 熱情 ヘ短調 op.57 第2楽章」

など。

こういった楽曲で注意すべきことは、

やはり「テンポ設定」についてです。

「両手ともに長い音価」の箇所というのは

刻む音符が存在しないので

テンポがいい加減になってしまいがち。

それに、弾きやすいのでどんどんと先へ行ってしまうのです。

しかし、その後に動き出してからのことを考えておかなくてはいけません。

動き出してからいきなりテンポが遅くなったりすると

音楽的ではありませんよね。

 

留意すべきポイントとしては、

① 細かな音価の箇所から逆算して、曲頭のテンポを決める
② 曲頭を弾き始める時に体内でのカウントを決して忘れない

この2点です。

 


 

「終わり良ければ全て良し」

などといっている場合ではありません。

始まり良くて終わりも良ければ、

それに越したことはありませんよね。

 

楽曲の始まりにも意識を向けて

演奏内容を総合的にレベルアップさせましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました