【ピアノ】失敗しない、楽曲の「寝かせ方」「寝かせる期間」「起こし方」

スポンサーリンク

 

♬ 楽曲を寝かせるときに気をつけるべきことはある?

♬ 寝かせる期間はどれくらいがベスト?

♬ 寝かせておいた曲を起こすときに気をつけるべきことはある?

 

このような疑問にお答えします。

 

【この記事の結論】
寝かせる楽曲は、ある一定以上弾きこんであることが条件
◉ 短期で取り組んでいく作品は「丸1週間」が寝かせ目安
◉ 長い目でみて取り組んでいく作品は「2週間〜長くて1ヶ月」が寝かせ目安
◉ 起こした直後の新鮮味が戻った状態で、改めて丁寧な譜読みから始めよう

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

「寝かせる」

練習している楽曲に関して

この言葉を使う場合というのは、

「いったん、継続的にその楽曲を練習するのをやめる」

こういったときです。

 

今回は、

「楽曲の寝かせ」

について3項目に分けて解説していきます。

■失敗しない、楽曲の「寝かせ方」「寝かせる期間」「起こし方」

♬ 楽曲を寝かせるときに気をつけるべきこと

 

まずは、

楽曲を寝かせるときについてです。

 

「寝かせる理由をはっきりさせる」

これが重要です。

「寝かせる」というのは

「取り組んでいる楽曲が多すぎて手一杯だから、その楽曲を中断する」

というケースは含まれないと思っていいでしょう。

 

寝かせる主な理由としては、

① 毎日さらっているけれどイマイチ上達していかないから、一旦寝かせる
② 長い期間さらっていて煮詰まり新鮮味が薄れてきたから、一旦寝かせる
③ 本番で弾き終わったけど、同じ曲を次の本番で弾くのはまだ先だから、一旦寝かせる

などといった例。

私自身もそうなのですが、

特に①②のときに寝かせるピアノ弾きが多いようです。

 

前提があります。

「寝かせる楽曲は、ある一定以上弾きこんであること」

これは重要。

そうでないと、

起こしたときに「ほぼイチの状態」からスタートすることになるためです。

少なくとも

おおむねスラスラ弾けるくらいまでにはなっていないと

寝かせる意味があまりありません。

「寝かせ」というのは

ただの「取り組み中止」ではないのです。

 

♬ 寝かせる期間の決め方

 

寝かせる期間は

「本番の時期」などにも影響されるので

正直のところケースバイケースです。

 

一方、

◉ 短期で取り組んでいく作品の場合は「丸1週間」
◉ 長い目でみて取り組んでいく作品の場合は「2週間〜長くて1ヶ月」

これくらいを目安にするのがいいでしょう。

 

「長い時間をかけて取り組んできた作品ほど、長めに寝かせてみる」

というのも

一つの指標になります。

 

こういったことを何度かしているうちに

ご自身に合ったペースがつかめてくるはずです。

「気持ち的に、その楽曲に対して新鮮味が戻ってくる」

これを再開のきっかけにするのもアリです。

それが、寝かせる理由の一つなのですから。

 

また、言うまでもないことですが、

同じ楽曲を再び本番にあげる必要がある方は

ご自身の技量を考えて

「弾きこんだのちに、再び暗譜まで戻せる期間」

を想定して長さを決定しましょう。

 

♬ 寝かせておいた曲を起こすときに気をつけるべきこと

 

寝かせた理由にもよりますが、

一番強調したいのは

「ただ単に何となく再開しない」

ということ。

 

先ほど、

「寝かせる楽曲はある一定以上弾きこんでいないと

起こした後、ほぼイチの状態からスタートすることになる」

と書きました。

一方、よく弾きこんである作品というのは

「ただ単に何となく再開すると、寝かせる前そっくりそのままに戻る可能性がある」

これが現実。

もちろん良さもあるのですが、

せっかくでしたら

何か一つでも新たな表現を見つけたいですよね。

 

そこで、

「起こした直後の ”新鮮味が戻った状態” で、改めて丁寧な譜読みから始める」

これがオススメです。

「忘れてしまったから、譜読みからやらないといけない」のではなく、

「あえて意識してその段階から再開すること」

これに意味があるのです。

 

「以前は ”わかったつもり” で弾きこんでいたから気づかなかったけれど、
ここにはこんな表現が隠されていたのか」

などといったことは

新たな気持ちで腰を据えて楽譜を読んでいるときにこそ

発見できるものです。

弾きこみへ一旦入ってしまうと

「得るもの」と同じくらい

見落としたり忘れてしまったりする要素」があるのは

私自身、身をもって経験しています。

 

すぐに本番があるのでなければ、

「寝かせておいた楽曲を起こしたときには、一度、書き込みを無視する」

これくらいの気持ちで向かってもいいでしょう。

私は「運指」のみ書き込みメモを参考にして、

あとは無視するやり方をとっています。

 

こういった過程は

決して「遠回り」とも「回り道」とも言いません。

長く付き合っていきたい楽曲こそ

このように少しづつ大きく育てていきたいですよね。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました