【ピアノ】作品番号を軽視しない

スポンサーリンク
楽曲の学習は
作品番号の把握とセットでおこないましょう。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

日頃取り組んでいる楽曲に作品番号がついている場合は

必ずその番号も調べて把握しておいてください。

 

なぜかというと、

その作品が作曲家にとってどのような位置づけにあるかを

常に把握していられるからです。

 

中には、作品番号が必ずしも作曲された時系列に沿っていないこともあります。

しかしその場合は、

作品番号の意図を調べることも含めて

その楽曲についての理解を深めてください。

 

作品番号を把握しておく利点は、

将来その作曲家の他作品へ数多く取り組み

曲数が増えてきたときに

特に効果を感じることでしょう。

 

生涯にわたって作風が変わらない作曲家は意外と少なく、

作品番号を知っていると

おおむね、作風などの特徴がわかるもの。

番号を耳にしただけで

その作曲家と作品とのことを

ざっくり解説できるくらいになるのが理想です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました