【ピアノ】後踏みペダルの基礎

スポンサーリンク
本記事では、
「後踏みペダル」について基礎を解説しています。

 

「後踏みペダル」

よく聞くワードですが、

「何のために必要で、
また、実際にどうやって演奏に取り入れていいかわからない」

という方もいらっしゃるかも知れません。

次の図例をご覧ください。

特にフォルテ以上のダイナミクスの時に顕著なのですが、

打鍵の直後には一瞬だけ「破裂音」といいますか、

「ボワ」という音響がします。

打鍵したときのハンマーが当たった瞬間に立つ音響のことですね。

(電子ピアノでは、再現されていない機種もあります。
「叩いても汚い音になりにくい」と言われるのはこのためです。)

 

そして音響をよく聴くと、

図例のように、

「ボワ」の後に「ウ〜〜〜」という

通常の伸びている音である柔らかい音が続きます。

感の良い方はもうお分かりですね。

「後踏みペダルは、このボワという破裂音を拾わないようにするためのもの」

ということになります。

「ボワ」を拾わず、「ウ〜〜〜」という音だけを拾ってあげることで

クリーンな音響になります。

同時に、

直前の音響の残りまでペダルに入ってしまう可能性を

減らすことができます。

 

一方、ショパン「バラード第1番」の曲頭など、

「フォルテで始まる楽曲などでしっかり響かせたい時」

などでは、

全ての音響をペダルで拾ってあげることも有効です。

 

譜例ではたった1音だけですので話はシンプルなのですが、

実際の楽曲では他の音も入ってくるので

ペダリングには工夫が必要です。

こういった部分も含めて「演奏解釈」と言えるでしょう。

「基本は後踏みペダル、それで不都合な箇所はピンポイントで考慮する」

このようにしていくと

スムーズに学習を進めていけるはずです。

 

ペダリング全般についてさらに学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-] 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました