【ピアノ】出したい音を持つことが上達の秘訣

スポンサーリンク
本記事では、
「指が速く動くこと」とは別の視点での
上達の秘訣をお伝えしています。

 

記事タイトルにもありますが、

その秘訣とは、

「出したい音を持つこと」

となります。

 

出したい音をイメージしてから音を出してみる。

出てきた音とイメージとの間にギャップがあったら、

そのギャップを埋めるためには

どうすればいいか考えたり、学んだりする。

この繰り返しが上達の秘訣です。

 

例えば、

「この最初の1音で、あのピアニストが出していたような丸い音を出したい」

と思えば、

どうしたらそういった音が出るのか

色々な打鍵をしてみるのです。

と言うのも、

ピアノの先生や各種教材では

丸い音を出すための方法を

「打鍵速度」「打鍵角度」

などでアドヴァイスすることはできますが、

自身の体格で、

自身の指の太さで、

自身の椅子の高さで、

最終的にその音を出すためには

結局のところ、

自分自身での研究がなければ成し得ないからです。

 

上達するためには出したい音を持つことが絶対条件となります。

出したい音がなければ、

自身の出している音がすべてOKになってしまい、

改善しようと考える機会すら持てません。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました