重み

スポンサーリンク
譜読み

【ピアノ】隠れシンコペーションを見抜く

楽曲の中には あまり目立たないカタチで シンコペーションが隠されていることもあります。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ホ長調 K...
ダイナミクス

【ピアノ】演奏を少しでも無機質ではなくす方法

少なくとも メロディの中に出てくる同音連打のほとんどは 本記事の内容に注意しながら演奏することで 一気に無機質ではなくなります。 演奏が無機質に聴こえてしまうのには さまざまな理由が考えられますが、 そのうち...
譜読み

【ピアノ】重みの入れるところを誤りやすい例

同じタイミングで発音されるにも関わらず シンコペーションという表現になっているかどうかで どこに重みが入るのかが変わってきます。 譜例(Finaleで作成) 譜例の上側のものを見てください。 ここでは ...
ダイナミクス

【ピアノ】松葉の後ろにある音楽表現を読みとろう

クレッシェンドやデクレッシェンドが書かれている場合、 その後ろにある音楽を読めるかどうかで 仕上がりが音楽的になるか決まってきます。 具体例を挙げます。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「タラッタ音型」の音楽的な演奏方法

本記事では、 古典派をはじめとした多くの作品で頻出する 「タラッタ音型」について その演奏ポイントを解説しています。 譜例を見てください。 左側の譜例が「実際の記譜」で 右側の譜例が「演奏例」です。 ...
シンコペーション

【ピアノ】シンコペーションを音楽的に演奏するコツ②

本記事は、 【ピアノ】シンコペーションを音楽的に演奏するコツ という記事の第2弾です。 追加譜例を使って解説しています。 本記事単独でも学んでいただけます。 【ピアノ】シンコペーションを音楽的に演奏するコツ の記...
譜読み

【ピアノ】頻出リズムで学ぶ、「重み入れ」の基礎

本記事では、 頻出リズムを取り上げて 「どの音の重みを入れればいいか」 という「重み入れ」の基礎を解説しています。 「譜読み」の領域の話題です。 これからお話しすることは ほんとうにシンプルなことですが、 ...
譜読み

【ピアノ】同音連打の表現における注意点

本記事では、 「同音連打の表現」を音楽的に聴かせるためには どういったことに気をつければいいのかを 解説しています。 具体例を挙げます。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「...
ドビュッシー

【30秒で学べる】ドビュッシー「ゴリウォーグのケークウォーク」ワンポイントレッスン

ドビュッシー「子供の領分 6.ゴリウォーグのケークウォーク」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、4小節目)
シューマン

【30秒で学べる】シューマン「子供の情景 7.トロイメライ」ワンポイントレッスン

シューマン「子供の情景 1.トロイメライ Op.15-7 へ長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、1-4小節目のメロディを抜き出したもの)
モーツァルト

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ第11番 K.331 第2楽章」ワンポイントレッスン

モーツァルト「ピアノソナタ第11番 K.331 第2楽章」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成) 3-4小節目(上)、9-10小節目(下)
モーツァルト

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」ワンポイントレッスン

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第1楽章」 ワンポイントレッスン! 左側の譜例(Finaleで作成、1小節目の左手)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました