【ピアノ】重みの入れるところを誤りやすい例

スポンサーリンク
同じタイミングで発音されるにも関わらず
シンコペーションという表現になっているかどうかで
どこに重みが入るのかが変わってきます。

 

譜例(Finaleで作成)

譜例の上側のものを見てください。

ここでは

バス音も大事なのですが

重みはむしろ丸印をつけたほうに入ります。

シンコペーションとなっているうえ、

シンコペにメロディックなラインを含んでいるから。

 

一方、

仮に下側の譜例のように記譜されていたとしたら

バスのほうにより重みを入れるべき。

シンコペーションの印象が薄れて

単純な「バス+裏打ち伴奏」という形になるから。

 

(再掲)

 

これらを比較すると分かるように、

同じタイミングで発音されるにも関わらず

シンコペーションという表現になっているかどうかで

どこに重みが入るのかが変わってきます。

 

重みを入れることを

「テヌート入れ」

と説明することもあるのですが、

シンコペーションによって

重みを入れるべき音には

テヌートを書き込んでみるのも

視覚的に捉えやすくて良い方法と言えるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました