奏法

スポンサーリンク
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】すぐにミスプリかと早とちらない

楽譜を見ていてミスプリかと思う内容のうち 自分の勘違いによるものは 意外と多くあります。 譜読みをしていると 「ミスプリントかも」と思うときは多々あります。 そういったときの実際は たいてい、以下の3パタ...
スタッカート

【ピアノ】ひっかく奏法はどういうときに使うのか

スタッカート奏法の一種として ひっかく奏法もあります。 この奏法の特徴や取り入れ方を解説します。 「ひっかく」というのはつまり、 鍵盤から指を逃がすように 手前にひっかく動作をつけるということ。 急速な動...
叩く奏法

【ピアノ】なぜ、高くから叩く奏法では音量や音色をコントロールしにくいのか

鍵盤が下り始める瞬間に 手の移動にかなりのスピードがついてしまっていると、 そのスピードのまま鍵盤が下り始めてしまいます。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「高いところから叩くと、響きが散らばって美しい音が出ない」 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】一度やってみるべき、消しゴム付き鉛筆での練習

本記事では、 筆者が音大生のころに習った 一風変わった練習方法を紹介しています。 筆者が音大生の頃に習った練習方法のひとつに 「消しゴム付き鉛筆の消しゴム側で、ゆるやかなメロディを弾いてみる」 とい...
ショパン

【ピアノ】ショパンの前打音付きアルペッジョの弾き方

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜として ショパンの作品でたびたびみられる 「前打音付きアルペッジョ」 の弾き方について解説しています。 「前打音付きアルペッジョ」とは、 以下のようなものです。 ...
レガート

【ピアノ】レガート・カンティレーナ奏法の基礎

本記事では、 多くのピアニストも取り入れている 「レガート・カンティレーナ奏法」の基礎について 簡潔に解説しています。 中級者以上向けの内容です。 具体例を挙げます。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます...
装飾音

【ピアノ】「ドライなトリル」「ウェットなトリル」を使い分けよう

同じトリルであっても、 奏法によってニュアンスを変えることができます。 そのやり方について、入り口を解説します。 【ピアノ】トリルにもレガートとノンレガートがある という記事の内容を補足しました。 トリルの「入れる方向...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】両手をずらし過ぎないで

本記事では、 「多くの学習者が無意識のうちにやってしまいがちなクセのひとつ」 について話題にしています。 ワンポイントアドヴァイスです。 タイトルにもあるように、 そのクセとは 「両手をずらし過ぎること」 ...
ピアノの先生選び

【ピアノ】2人目の先生のところへ行く前に考えて

本記事では、 今の先生に満足できず、 2人目の先生のところへ行こうと思っている方への アドヴァイスをしています。 結論から言います。 2人目の先生のところへ行くのは、 ◉ 今の先生から行くように提案された場合 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】楽曲以外の分析もしよう

本記事では、 「ピアノ演奏に活かせる、楽曲以外の分析」 について話題にしています。 分析は、楽曲に対して行うだけでは不十分です。 演奏に活かせそうなあらゆることに対して 分析を行いましょう。 例え...
スタッカート

【ピアノ】タイでつながれた音にスタッカート : 演奏方法

本記事では、 一般的に演奏方法に迷いやすい記譜のうちのひとつを 取り上げて解説しています。 譜例(Finaleで作成) タイでつながれた音にスタッカートがついている例。 この記譜はピアノ曲でもよく見られ...
練習の継続方法

【ピアノ】モチベーションを保つことに逃げないこと

本記事では、 ピアノの練習を「モチベーション」の点で話題にしています。 少し厳しめです。 本気で上達したいと思っている方にだけ 読んでいただきたいと思います。 ピアノ練習は日々の積み重ねですので、 どうやって練習...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました