【ピアノ】両手をずらし過ぎないで

スポンサーリンク
本記事では、
「多くの学習者が無意識のうちにやってしまいがちなクセの一つ」
について話題にしています。
ワンポイントアドヴァイスです。

 

タイトルにもあるように、

そのクセとは

「両手をずらし過ぎること」

例えば、

「小節頭でメロディとバスをずらして演奏する」

このような奏法のことです。

 

部分的に取り入れるのは

プロでもやっていることですが、

やたらにずらしている演奏が多いと感じます。

ずらしすぎることで

「楽曲の骨格が見えにくくなってしまう恐れ」があるのです。

「基本はずらさない。取り入れるとしても意図を持って数カ所のみ」

これが前提だと思っておいて良いでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました