ニュアンス

スポンサーリンク
モーツァルト

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ第10番 K.330 第2楽章」ワンポイントレッスン

モーツァルト「ピアノソナタ第10番 K.330 第2楽章」ワンポイントレッスン 譜例(PD楽曲、Finaleで作成、21-24小節) ここでの左手パートのような音型は モーツァルトの作品でもよく見られるもの...
譜読み

【ピアノ】主でない声部もウタにする

「主」ではない「従」の声部であっても、 それがメロディックなラインになっているのであれば 完全に脇役へ追いやってしまわないように 注意すべきです。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用でき...
フレージングとアーティキュレーション

【ピアノ】1×4とも2×2とも解釈できるフレーズ

フレーズのグルーピングをどのように捉えるかによって とうぜん、出てくるニュアンスも変わる。 複数のグルーピング解釈ができるケース について取り上げます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応...
譜読み

【ピアノ】ダイナミクス以外の対比表現にも目を向ける

対比表現というのは ダイナミクスによるものがもっとも分かりやすく、 かつ、使われる頻度も多い。 しかし、それ以外の対比がとられることもあるので 注意深く目を向けなくてはいけません。 具体例で見てみましょう。 ...
ダイナミクス

【ピアノ】モーツァルト作品の曲頭にダイナミクスが書かれていない場合の解釈法

モーツァルトの作品の曲頭に ダイナミクス指示が書かれていない場合の 基本的な解釈法を解説します。 モーツァルトの時代では   第1楽章の曲頭にダイナミクス指示がない場合は   基本的に f で弾き始めるというの...
フレージングとアーティキュレーション

【ピアノ】フレーズはダイナミクスを通じて強く認識される

ブツ切れではない 息の長いフレーズを表現したうえで、 そのフレーズをひとつにまとめることができるのが理想。 ポイントはダイナミクスです。 フレーズをブツ切れにしないためには、 まず、レガートのフレーズであれば ...
ダイナミクス

【ピアノ】アクセントの扱い方で音楽の意味がまったく変わる

演奏でも創作でも、 アクセントの扱い方ひとつで 音楽の意味がまったく変わってしまいます。 さまざまな演奏を耳にしていてたびたび気になるのは、 各種アクセントが出てくるや否や すべてをまったく同じように し...
スタッカート

【ピアノ】スタッカートが付けられている音符の音価に注意

「スタッカートが付けられている音符の音価に注意」 以前にも少し触れたことのある話題ですが、 新たな譜例を用いながら 再度解説します。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「2打点ひとカタマリ」の表現は、音価が長いときこそ注意

本記事は、 【ピアノ】タラタラ音型の音楽的な弾き方 という記事の補足的内容。 本記事単体でもお読みいただけます。 「2打点ひとカタマリ」とは 以下のようなもののことです。 モーツァルト「ピアノソナタ ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】それぞれの手で逆の表現をするときの混乱の対処法

それぞれの手で逆の表現をするときに混乱して 結局、両手ともニュアンスを付けないで弾こうなどと 妥協してしまわないためにも、 ぜひ踏まえて欲しいやり方を解説します。 右手はクレッシェンドをしていくときに 左手はデクレ...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】ピアノアレンジをしていて、繰り返しで詰んだときの一案

ピアノ音楽の作曲や編曲に挑戦している方の中には、 「繰り返しをするときに、いつも同じふうになってしまう」 と悩んでいる方もいるかもしれません。 解決策はいろいろと考えられますが、 本記事ではそのひとつを解説します。 や...
ダイナミクス

【ピアノ】メロディのフレーズにあわせた伴奏のニュアンス

「メロディのニュアンスにあわせた伴奏のニュアンスをつくる」 多くのシンプルな作品は このやり方で音楽的にまとめることができます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モーツ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました