【ピアノ】後踏みペダルにするのかしないのかは、原則自分で決める

スポンサーリンク
後踏みペダルにすべきときでも
楽譜上のペダル指示では
そのように表記されていないことが多くあります。

 

「シンコペートペダル」などとも呼ばれる

後踏みによるペダリングテクニックがあります。

 

譜例1・2(Finaleで作成)

譜例1のように、

発音をした後に踏み込むことによって

◉ 前の音符の尻や残響を拾わずにクリーンなサウンドが得られる
◉ 発音した瞬間のさまざまなノイズを拾わずにクリーンなサウンドが得られる

などと利点があるペダリング。

 

しかし、

譜例1のような書き方をしてくれている作曲家や編集は

多くありません。

 

(再掲)

たいてい、

譜例2のように書かれているか

または、ペダリング自体が書かれていないことも。

 

では、

発音と同時に踏む、いわゆる「リズムペダル」とは

どのように区別すればいいのでしょうか。

解決方法はシンプルで

「原則、奏者が自分で決める」です。

 

前後関係や表現内容から考えて

後踏みにしないと濁ってしまうのが明らかな場合や、

上記、後踏みの利点を踏まえたうえで

そうすべきだと思った場合には、

リズムペダルにする必要はありません。

 

(再掲)

 

楽譜の煩雑さを避けるために

後踏みでも譜例2のように書かれていることが通常。

したがって、それらを見たときに

全部が全部、発音と同時に踏むものだと思いこんではいけない、

ということを理解しておきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました