【ピアノ】ペダリングで見落としがちな重要点

スポンサーリンク
本記事では、
ダンパーペダルの運用において
比較的忘れられがちなテクニックを取り上げています。

 

そのテクニックとは、

「ペダルを離していく時の離し方のバリエーション」

のことです。

ペダルはONとOFFのスイッチではありません。

「踏み方」「離し方」

これらの中に様々なバリエーションがあるのです。

特に「離し方」に関しては

「余韻」と密接に結びついています。

それを、楽曲の一番最後だけでしか

意識できていない演奏を聴くたびに

なんだかもったいないと感じてしまいます。

意識をするだけで音楽表現が全く変わります。

打鍵にも言えることなのですが、

下ろすときだけ丁寧におこなって

上げるときには無意識になってしまいがちなのです。

以前の私もそうでした。

 

ダンパーペダルを上げていくと

どのように音響が変わっていくのかを

ゆっくりゆっくりペダルを上げながら

確認してみることから始めましょう。

ダンパーペダルは

ただ単に音を伸ばすためのものではなく

どれだけ音色などの音楽表現に貢献しているのかを

耳で意識的に確認すると

ペダルに対する注意の仕方に

きっと変化が出てくるはずです。

 

ペダリングについて学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-] 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました