【ピアノ】運指ではつながらない和音のつなげ方

スポンサーリンク
手を大きく開いても
替え指をしても
どうしてもつながらない和音はよく出てきます。
ダンパーペダルで響きをつなげることになりますが、
そのやり方には工夫が必要です。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第4番 変ホ長調 op.7 第1楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、105-108小節)

 

ここでの左手の和音は

運指の工夫のみでは

どうしても音響をつなげることができません。

◉ オクターヴで動いていくから
◉ 同音連打する音(B音)があるから

この2点が理由です。

 

したがって、以下のパターンの解釈が考えられます。

◉ 左手の和音はいっそのことつなげずに、紙一枚の音響の切れ目をはさむ
◉ ダンパーペダルを使って、つなぎ目の響きをサポートする

おそらく、後者の方が「現実的&音楽的」でしょう。

 

つまり、

「運指でつながらない和音のつなげ方」とは

とうぜん「ダンパーペダルを使うこと」なのですが、

ここで取り上げたいのは

◉どのように使うべきなのか
◉どのように練習するべきなのか

という部分です。

 

♬ どのように使うべきなのか

 

(再掲)

まず、

使い方に関してですが

「和音のつなぎ目で短く踏むだけ」にしてください。

別のパートが動き回っている場合は

濁ってしまう可能性があるからです。

小節いっぱい踏んで

お風呂場状態になってしまっている演奏、結構多いんです。

 

また、

ペダルの使用意図が

「右手の多少の濁りに目をつぶっても、左手をつなげたいから」

というだけのことですので

薄く踏む「半ペダル」で充分です。

そのほうが、濁りを軽減できます。

 

(再掲)

踏む位置を決めるポイントは

「どの位置から踏み始めるかを決めておく」

ということ。

 

何となく踏むのでは

毎回踏む位置が変わってしまうので

練習が積み重なりません。

 

譜例では

「最後の16分音符3つ分(16分音符を3×4でとっている)」

で踏むようにしていますが、

慣れていない方は

少し頭がこんがらがる可能性もあります。

そこで、

「テンポを相当速く弾く」という条件付きで

「16分音符6つ分」のあいだ踏んでもいいでしょう。

なぜかというと、

細かいパッセージに使用するペダルというのは

テンポが相当速い場合には

濁りが気になりにくい傾向があるからです。

 

♬ どのように練習するべきなのか

 

(再掲)

次に練習方法についてですが、

とにかく、

体内でカウントをとりながら

左手とペダルのみでの練習をしてください。

 

「左手の和音連結が美しくできているか」を聴きながら、

「どのタイミングでペダルを踏むのか」

「半ペダルの踏み込み具合」

これらを完全に身体へ入れるつもりで練習します。

 

右手は一拍ずつ速く弾く練習をしてピカピカにする。

そして、

両手でゆっくりあわせていき

じきにテンポを上げていく。

 

比較的難しい箇所なので

このように段階を踏んで練習するのがいいでしょう。

 


 

本記事はここまでです。

大切なのは、

今回の譜例と似たようなところが出てくる作品を見たときに、

「ここは、この前学習したアレが応用できるかも」

などとひらめくことができるかどうか。

楽曲によってケースバイケースではありますが、

引き出しを増やしておくことで

ひらめける可能性も上がります。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

 

この記事を書いた人
タカノユウヤ

ピアノ音楽(ピアノソロ、ピアノが編成に入った室内楽 など)の魅力にとりつかれて、早何十年。
ピアノ音楽の作曲・編曲が専門。
物書きとしては楽譜だけでなく文章も書いており、
音楽雑誌やサイトなどでピアノ関連の文筆を手がけています。
Webメディア「大人のための独学用Webピアノ教室」の運営もしています。
受賞歴として、第88回日本音楽コンクール 作曲部門 入賞 他。

タカノユウヤをフォローする
ペダリング
スポンサーリンク
タカノユウヤをフォローする
大人のための独学用Webピアノ教室(ブログ版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました