【ピアノ】その意図は?スタッカートとペダルの同時指示

スポンサーリンク
本記事では、
演奏方法に疑問が発生しがちな記譜のうち、
「スタッカートとペダルの同時指示」について解説しています。
これまでに解説してきたことの「復習+追加項目」となっています。

楽譜を見ていると、

譜例のようにメロディに対してスタッカートが書かれていることもありますよね。

しかし、同時にダンパーペダルの指示がされていたり、

されていなくても明らかにペダルが必要な場面だったりすることもある。

そうすると、

何のためにスタッカートが書かれているのか迷いがちです。

 

大きな理由は「音色」

仮にダンパーペダルで音が伸びていたとしても

手ではスタッカートにすることで

空間性のある音色で音が立ち上がってきます。

逆にいうと、

ペダルで音自体は繋がっていても

手でもレガートにしないと

出てくる音はレガートに聴こえません。

 

つまり、

スタッカートとペダルの同時指示は

「音色の指示」

だと言えるのです。

 

さらに言えば、

音色とも関連するのですが、

スタッカートとペダルを同時に取り入れることで、

指でレガートにする場合よりも

一つ一つの音の粒が明瞭に聴こえるのです。

仮に音量が同程度であったとしてもです。

これらを、曲想や表現したい内容などに応じて

使い分けていくことになります。

 

「演奏において音量だけでなく音色も重要」

ということを改めて意識しましょう。

 

「レガート」「スタッカート」「ペダリング」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました