【ピアノ】ソフトペダルを使うべき箇所

スポンサーリンク
本記事では、
「ソフトペダルを使うべき代表的な箇所」を解説しています。
無闇に使用するのは良くありませんが
効果的に使うことで、
演奏に「色彩」や「距離感」を出すことができます。

 

一般的に「ソフトペダル」は

「音色を変える目的」

で使われますが、

どういったところに入れるかは悩む方も多いはずです。

まず、

基本的な事項として

「ソフトペダルは無闇に使うべきではない」

ということを強調しておきたいと思います。

ソフトペダルを使用した際の音色の変化には

独特の曇り方と言いますか、サウンドの特徴があるので、

たくさん使用してしまうと

聴衆を飽きさせてしまいます。

制限された数カ所で効果的に使うからこそ効果があるのです。

 

さて、ソフトペダルを用いるべき箇所は

◉「同形反復が fp のダイナミクスで出てくるとき、
”対比効果を高めるために” p のところで使用する」
◉「遠くで鳴っているような ”距離感” のあるサウンドを出したいとき」

大きくはこの2パターンでしょう。

他にも、

◉「ソフトペダルを踏んだまま、あえて ff で強い打鍵をすることで出てくる独特なサウンドを得る」
◉「ソフトペダルを用いずに弾くと音がかすれてしまうような ppp の一発を出したいときに、
ソフトペダルを用いた状態で pp で弾くことで ppp のダイナミクスを得る」 

などと、

使い道には幅があります。

いずれにしても、

「こういうサウンドが欲しい」

という明確な意図をもった上で用いるようにしましょう。

ソフトペダルの使用箇所は

作曲家が指示してくれていないケースの方が多いので

演奏家が判断していかなくてはいけません。

 

「ペダリング」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-] 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました