【ピアノ】ミニマル思考によるスランプ脱出方法

スポンサーリンク

 

♬ スランプに悩んでいる

♬ スランプになった原因が分からない

 

こういった方のために書きました。

中級者以上の方が対象の内容です。

 

【本記事の結論】
一度捨てたやり方を拾いにいく

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

スランプの脱し方はたくさん出回っていますよね。

どれも試してみる価値はあると思います。

このブログでも

【ピアノ】スランプかも?と思ったらチェックすべき5項目

という記事で

スランプの脱し方を5点紹介しました。

一方、

本記事では

「それでもうまくいかない」

という方へ向けて

追加でもう1点お伝えします。

 

それは、

「一度捨てたやり方を拾いに行く」

という方法。

 

これまでのピアノ人生の中で

たくさんの情報に触れてきたと思います。

◉ 練習方法
◉ 作品
◉ レッスン内容
◉ 音楽関連書籍
◉ 音楽関連動画教材

など。

 

しかし、

◉ やってみたけどしっくり来なかったから定着しなかった
◉ 難しくて理解できなかったから通り過ぎた

などといった理由で

手放した内容も多いはずです。

 

それから学習が進み、あなたは進歩しました。

あなたの音楽の力が上がったことで

今ならば

その当時は理解出来なかった内容が

腑に落ちる可能性が高いのです。

 

だからこそ、

スランプになっているのであれば

そういった

一度捨てた内容を拾いにいってください。

 

「そういえば、こんなのがあったなあ」

と思い出せるものを複数当たってみましょう。

スランプになった原因がわからない場合こそ

ご自身のブレイクスルーにつながる発見があるはずです。

 私自身、

このアプローチでスランプを脱した経験が複数回あります。

 

ミニマリズムというと、

「無駄を削ぎ落として、大切なことに集中する」

という観点に重きがあります。

一方、

「一度捨てたものの中で、自分に本当に必要だったものを認識して取り戻す」

これも、

手放すことと同じくらい重視すべきこととされています。

 

「無駄と思えることも一度は通っておくべき」

というのは、

ミニマリズム と正反対のようで

実は必要不可欠なのですね。

 

時間はかかりますし

魔法のようなやり方ではありません。

しかし、

ピアノ練習でも

このやり方を応用すれば前へ進めます。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました