【ピアノ】脱!弾き直してまた弾き間違えるというパニック状態

スポンサーリンク
日々練習していると、
弾き間違いをすることはよくありますよね。
そういったときに絶対にやってはいけないことについて
簡潔に解説します。

 

「弾き間違いをしたら、すぐ弾き直さず、少しでも間(ま)をとる」

これを意識してください。

 

以下、具体的に解説します。

 

練習の中で弾き間違いをすると、

正しいポジションを確認しようと

弾き直しをしますよね。

ここまでは特に問題ありません。

しかし、弾き直してまた弾き間違えると

ムキになって再度弾き直しがちですが、

この繰り返しが危険なのです。

変なクセがつくだけ。

 

「とりあえず弾き間違えない」

という結果を得て安心しようと、

すべてのことを忘れて弾き直しに終始してしまう。

負のスパイラルであり、

もはや一種のパニック状態です。

 

特に、

大きな跳躍などのミスタッチが発生しやすい箇所で

このようになってしまうケースが多いようです。

 

改善方法としては、

繰り返しますが

「弾き間違いをしたら、すぐ弾き直さず、少しでも間(ま)をとる」

これを意識するしかありません。

 

すぐに安心したい心を押さえて

一度立ち止まりましょう。

正しい音に当たるまで無闇に弾き続けるのは

本当に意味のないことです。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました