【ピアノ】作曲家の記譜は必ずしも完璧ではない

スポンサーリンク
本記事では、
必要に応じて楽譜を簡略化しても良いケースと
その際の注意点について
解説しています。

 

たくさんの作品に触れていると、

どうしても演奏不可能な箇所に出会うことはありますよね。

よく見られるのは、

◉ 指定のテンポが、どう考えても速すぎる
◉ 音程的に巨人の手でも届かないような和音がある
◉ 音型的に演奏不可能なパッセージがある

など。

「速すぎるテンポ」は

「演奏家を啓発する意図」の可能性もあります。

つまり、「目標」というわけですね。

 

ただ、多くの場合は

作曲家の「注意不足」の可能性と

そもそも「知識不足」の可能性さえ考えられます。

 

何を言いたいのかというと、

「作曲家の記譜は必ずしも完璧ではない」

ということ。

たとえ、有名な作曲家による楽譜であったとしてもです。

 

ピアノ曲以外でも、

チャイコフスキー「くるみ割り人形 より 花のワルツ」

の最初のハープは

楽器特性から多くの音がスタッカートに聴こえてしまうため

ハープに適さないことで知られています。

「まさかこれだけ有名な作曲家の、これだけ有名な作品で、曲頭からそんなこと…」

と思いますよね。

しかし、作曲家も完璧ではないのです。

 

どうしても演奏不可能な箇所への対応方法は、

「変更 → 整理 → 把握」

このステップを意識しましょう。

クラシック作品において

楽譜を変えて弾くことはご法度とされていますが、

どうしても無理なところは、

多少の簡略化を試みてもOK。

ただし、

「どこを “変更” したのかをきちんと “整理” し、”把握” しておくこと」

これだけは必ず守りましょう。

適当にいじくり回して放置した楽曲は

記憶にも残らず

すぐにレパートリーから外れてしまうのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました