【ピアノ】独学が辛くなってきた方へ

近日の記事は
「テクニック解説」「楽曲解説」
などの内容が続きましたので、
本記事では小休憩(coffee break)として
「ピアノを続けていくこと」を話題につづっています。

 

独学でピアノを続けていくことは

多くのメリットがあります。

一方、

「ピアノを辞めたいと思っている」

という言葉を本当によく耳にします。

 

独学が辛くなってきたときに

まず考えていただきたいのは

「どういったところが辛いのかをしっかり自己分析する」

ということです。

例えば、

「練習するのが面倒に感じる」
「周りに独学をしている友人がいなくて刺激がない」
「周りの上達の速さに落ち込んでしまう」
「いつまで経っても上達を感じない」
「学習の仕方が分からない」
「練習環境を確保するためにかかる費用が負担に感じる」
「自宅で練習する際のお隣さんとの人間関係不穏」
「自宅で練習する際の家族とのすり合わせの煩わしさ」
「人前で披露する機会をつかめない」
「上達の進み具合が把握できず練習がマンネリ化する」
「ピアノを続けることでの先の目標がなくなった」
「手を痛めてしまった」
「ピアノを弾くと過去の負傷を思い出してしまう」
「調律師さんに嫌味を言われた」
「いい独学教材と出会えない」
等々….

(この中には、

「独学の場合」だけでなく

「ピアノ教室に通っている場合」にも

当てはまる内容を含めています。)

 

繰り返しますが、

まず、

「どうして練習を辛く感じるのか」

について

自身で把握することが必要不可欠。

そうすれば適切な解決法が見つかるかもしれません。

 

「練習環境のトラブル」でしたら

費用さえあれば解決できるのか、

それとも

そうではないのかを把握する。

独学の場合は

ピアノの先生に相談できない分

悩みは大きいはずです。

 

「手の負傷のトラブル」でしたら

「音楽家の専門外来」の受診をして

専門家の意見を取り入れるかどうかの検討。

こちらも、

独学の場合は

ピアノの先生に相談できない分

大きい悩みとなるはずです。

 

「本番の確保」でしたら、

「ピティナ ステップ」をはじめとした

申込型のイベントを探したり、

個人経営のピアノ教室で

外部からの発表会参加者を募集しているケース

に目をつける(結構あります。)など。

 

一例ではありますが

このように

解決策は色々とあるのです。

もし他の悩みの解決策を探しているのであれば

直接質問してください。

Twitterのフォロワーさんに

DMを開放していますので

できる限りお答えするつもりです。

 

また、

モチベーションに関して重要なのは、

「自分が本当に好きと思える1曲を見つけること」

これは私自身も意識しています。

こういった1曲を

常に自分のそばに置いておくことで

練習が辛くなってしまった時に

あなたとピアノを結びつけておいてくれます。

ちなみに、

私にとってのその楽曲は

モーツァルト

「ピアノソナタ ニ長調 K.311 (284c) 第2楽章」

です。

このロマンスをいつもそばに置いています。

 

◉大人のための欲張りピアノ

 [モーツァルト ピアノソナタ第9(8)番 K.311 第2楽章] 徹底攻略

 

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました