【ピアノ】クラシック畑の方にオススメのポピュラーピアノ作品

スポンサーリンク
本記事では、
今までクラシックピアノのみを学んできた学習者にオススメの
ポピュラーピアノ音楽を紹介しています。

 

ポピュラーピアノって、

意外と選曲に悩むことはありませんか?

原曲の特徴が歪められていることに始まり、

カンタンに編曲されすぎていたり、

逆に難しすぎたり。

自分に合った難易度の編曲を選べる利点はありますが、

どうせだったら

「 “原曲” もしくは “原曲にかなり近い採譜” で練習したい」

というのがクラシックを学んできた方にとっての

こだわりであることも多いはずです。

私自身もそう思いますので。

 

そんな方にオススメなのは

「リチャード・クレイダーマン」

です。

 

「リチャード・クレイダーマン」は

日本ではかなりメジャーなピアニストですよね。

彼のピアノ作品集の中には

作曲者が別にいたりとカヴァーものも多いのですが、

もはやひっくるめて

「リチャード・クレイダーマンの曲」

のように言われていたりもします。

 

有名どころは、

「渚のアデリーヌ(作曲 : ポール・ドゥ・センヌヴィル)」
「愛しのクリスティーヌ(作曲 : ポール・ドゥ・センヌヴィル)」

など。

私は「レディーディー」がお気に入りの楽曲です。

 

リチャード・クレイダーマンのオススメ楽譜集をご紹介します。

以下の楽譜は、

「易しく編曲し直すことはしていません」

などと前書きに断り書きがあるので、

「原曲にかなり近い採譜」

で練習したい方にはオススメです。

「初中級〜上級」

さまざまな難易度の楽曲が収録されています。

ピアノ教室に用意しておくと

発表会の選曲でも重宝するでしょう。

手が大きくなくても演奏できる楽曲もあるのが特徴なので、

発表会で小学生が演奏しているのもよく見かけます。

 

◉リチャードクレイダーマン名曲集 愛しのクリスティーヌ(リットーミュージック)

◉リチャード・クレイダーマン名曲集 渚のアデリーヌ(リットーミュージック)

 

「ぷりんと楽譜」には

さまざまな難易度に編曲されたリチャード・クレイダーマンの楽曲がありますので、

特に初心者の方はこちらをご覧ください。

(画像をクリックすると「ぷりんと楽譜」のサイトにリンクできます。)

 

今回の記事ではリチャード・クレイダーマンを取り上げましたが、

他には

「アンドレ・ギャニオン」
「ジョージ・ウィンストン」

などもオススメです。

改めて別記事にしようと思います。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました