【ピアノ】「あこがれ / 愛」空間性あふれる切ない名曲

スポンサーリンク
本記事では、
TV番組などでもおなじみの切ないピアノ曲
あこがれ / 愛」(作曲 : ジョージ・ウィンストン
について解説しています。

 

記事の信頼性 


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

「あこがれ / 愛」とは

 

「あこがれ / 愛」は、ジョージ・ウィンストンが作曲したピアノ曲です。

彼の代表作として日本での知名度は非常に高く、

空間性あふれるサウンドと切ない旋律は多くの聴衆を虜にします。

テレビ番組などでも頻繁に使用され、

大人からピアノを始める方にとっての憧れの曲としても

非常に人気が高いようです。

 

先日ご紹介した

アンドレ・ギャニオンと似ているように感じますが、

ジョージ・ウィンストンの方がより空間的、自然的な音楽で、

時間がゆっくりと流れていくような印象の楽曲が多くあります。

モンタナ出身とのことで、納得ですね。

(モンタナはアメリカ北西部の州。

ものすごく広い自然に囲まれ田園風景が特徴的な、言ってみればアメリカの田舎です。)

 

一方、

アンドレ・ギャニオンは

ピアノがとても上手な方というだけあって、

その作品もクラシックピアノ寄り、且つ、旋律的です。

 

演奏難易度

 

「あこがれ / 愛」は

テンポがゆるやかな作品ですので、

「ブルグミュラー25の練習曲 後半程度」

の段階にいる方であれば挑戦できるでしょう。

全音ピアノピースの難易度で例えると、

「B」というイメージです。

 

音符自体は書いてありますが

やや即興的要素が含まれるパッセージもあり、

そういった面では

今まで取り組んできた楽曲と異なる演奏感を持つかもしれません。

 

音源を聴いてみよう

 

合法にアップロードされたプロによる演奏が見当たらないので

参考演奏は掲載できませんが、

Youtubeにピアノ学習者が自身でアップロードした音源はたくさん出ています。

ぜひ聴いてみて下さい。

 

楽譜はどれを使えばいいか

 

ジョージ・ウィンストンは

コンサートの度にアレンジを変えて演奏するスタイルをとっています。

したがって、

世に出ているピアノソロの楽譜は

一応「採譜したアレンジ譜」ということになります。

以下リンク先の「ぷりんと楽譜」のものが一番原曲に近く、

ほとんどのピアノ弾きはこの楽譜を使います。

» Longing(George Winston) /ピアノ(ソロ)

 

演奏ポイントについては以下の記事を参考にして下さい。

この楽曲が効果的に使えるシーン

 

♬ 発表会に
♬ レストランやブライダルのピアノ演奏に
♬ ストリートピアノに
♬ 自分一人で浸りたいときに
♬ 大切な方へのプレゼントに
♬ はじめてのポピュラーピアノ練習に

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました