【ピアノ】「繰り返し」で表現を変えるテクニック

スポンサーリンク
本記事では、
「繰り返しをどのように繰り返すべきか」
ということについて解説しています。

 

ピアノ演奏における基本として、

「繰り返しを全く同じに弾かないこと」

という事項があります。

繰り返しというのは、

・素材単位での細かな繰り返し(モーツァルト「トルコ行進曲」の冒頭など)
・ひとまとまり全体での繰り返し(1番カッコでリピートする場合など)

など、他にも長さはさまざまですが、

いずれの場合に対しても

「繰り返しを全く同じに弾かないこと」

ということは意識しましょう。

 

機械ではなく人間が演奏することの良さは

「正確さ」にあらず「自然さ」にありますよね。

 

・ひとまとまり全体での繰り返し(1番カッコでリピートする場合など)

について、

もう少し深く解説します。

このような繰り返しで表現を変えるために

工夫できることとすれば、

まず一番単純かつ効果的なのは

「強弱で差をつける」

ということです。

例えば、

f と書いてあっても2回目は p で演奏する(またはその逆)」

という方法は、

作曲家の意思を無視しているわけではなく

一流のピアニストでもやっていることです。

一方、

強弱ではなく

「2回目にアーティキュレーションを変えてしまう」

というのは、

余程の意図がない限りアウトです。

これは音楽自体が全く変わってしまうからです。

 

繰り返しで表現を変えるテクニックをもう一つお伝えします。

「繰り返しの入りだけ変えて、数小節で元に戻す」

という方法。

例えば、

「繰り返しの入りだけルバートで弾いて、その後に1回目のようなテンポに戻す」
「繰り返しの入りだけ骨太に弾いて、その後に1回目のような静かな世界に戻る」

などという方法。

これでしたら実行するハードルはグンと下がりますが、

機械的な繰り返しをしているようには聴こえません。

もちろん、

楽曲によって演奏方法は変わってきますので、

適宜最適な方法を見つける必要があることは忘れずに。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました