【ピアノ】なぜ、学習に録音音源が欠かせないのか

スポンサーリンク
場合によっては
何箇所も録り直してつながれている可能性のある録音音源。
それでも、学習には不可欠です。

 

ピアノの学習において

生のリサイタルから学べるものは多いのですが、

どうしても

録音音源を切り離すことはできません。

単純に繰り返し聴くことができるからでもありますが、

もうひとつ大切なのは

「視覚的要素が弱いぶん、聴くことに集中できる」

という点です。

 

リサイタルでは

どうしても演奏姿に意識がいってしまい、

ほんとうに良く聴くことは困難。

毎回ニュアンスの異なる演奏を聴ける利点はありますが

コンサートは楽しむのが目的としては適っています。

 

一方、録音音源は

視覚的要素を取り払ったものを繰り返し聴いて

じっくり学習できるという点で欠かせません。

 

ライヴと録音のそれぞれの価値を感じながら

上手く取り入れていきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました