【ラヴェル : ピアノ作品】「入門おすすめ曲」と「楽譜の選び方」

スポンサーリンク

♬ ラヴェルのピアノ曲は、どれが入門におすすめ?

♬ 入門最適曲のおおよその難易度を知りたい

♬ どの楽譜を買えばいいのか分からない

こういった「知りたい」情報を全部集めました。

 

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は
パブリックドメインになっている作品です。
出版社が独自につけたアーティキュレーションなど
権利に関わる部分は一切表示しておりません。
譜例はFinaleで作成したものです。

記事の信頼性

 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

■入門にオススメの楽曲

 

「前奏曲(1913) ホ短調」

迷わずこの楽曲をオススメします。

 

理由は以下の3点です。

♬  曲尺が約1分半と非常に短く、練習しやすさ最高
♬  難易度的にもいちばん取り組みやすい
♬  ラヴェルの特徴的なサウンドがつまっており、いい教材になる

 

♬  曲尺が約1分半と非常に短く、練習しやすさ最高

 

この作品の楽譜を手にすると驚くのですが、

見開き2ページしかないためにものすごく薄いのです。

曲尺は約1分半。

驚くようなコンパクトさを持った楽曲です。

したがって、練習のしやすさは最高。

尺が長い楽曲というのは

それだけで譜読みのハードルを大きく上げてしまい、

入門曲には向きません。

しかし、この楽曲は違います。

このコンパクトな楽曲を

さらに区切って練習するといいでしょう。

 

ちなみに、

シューマンに入門する学習者に対して

「組曲形式の作品」をすすめることがあります。

それも同じ理由。

1つ1つの楽曲がコンパクトで練習しやすいからです。

「ピアノソナタ第1番 第1楽章」のような

1つの楽章だけで15分近くある楽曲に取り組むよりも

入門という観点では組曲形式の方が適しています。

「たとえ、同じくらいの難易度だとしても」です。

 

♬  難易度的にもいちばん取り組みやすい

 

とはいえ、

ラヴェルの作品の中にあって異様なコンパクトさを誇ると同時に、

難易度的にも一番取り組みやすいのです。

「ツェルニー30番入門程度」

の力があれば挑戦できるでしょう。

ただ単に「指を動かす」という観点でいえば

難しいところはまったくありません。

「出したい音色を出す」という観点で言えば

音数が少ない楽曲ならではの難しさがあり、

ていねいな練習を必要とします。

 

一箇所、演奏法の質問がよく出る部分のみ解説しておきます。

譜例(PD作品、Finaleで作成、10-15小節目)

この譜例のように

曲の中間部で「両手が重なり合うところ」がありますので、

それぞれの手の位置を良く決めておく必要があります。

下段に書かれているパートを弾くときに

左手を鍵盤の奥の方へ入れて弾くことで

右手とのぶつかりを避けられます。

 

♬ ラヴェルの特徴的なサウンドがつまっており、いい教材になる

 

たった2ページの中に

ラヴェルの才能がギッシリ詰まっています。

彼の特徴的なサウンドがつまっており、

その世界観に触れる教材としては非常にいいものです。

他の高度な作品に引けをとりません。

 

特徴的なサウンドの一つが、

実は、先ほどの譜例のところ。

(再掲)

上段にオクターブのメロディが書かれており、

さらにそのオクターブの「間(あいだ)」に下段の和声音が挟まっています。

これは、ラヴェルがピアノ曲「ソナチネ」をはじめ

多くの楽曲で用いた楽器法。

オクターブの響きの中に和声音が挟まることで

ゴージャスな響きが生まれます。

ラヴェル以前の作曲家もやっていそうに感じるかもしれませんが、

ラヴェルの場合は特に、

メロディの動きについていくように

ハーモニーも移動していくのが特徴です。

 

■楽譜はコレを使おう

 

信頼性の高さから

ラヴェルの作品は一般的に「デュラン版」が使用され、

国際コンクールの標準楽譜にもなっています。

なのですが!!

そのデュラン版の内容と照らし合わせてみたところ、

同じ内容のもの「ぷりんと楽譜」にもあるのです。

» 前奏曲(Maurice Ravel) /ピアノ(ソロ) 中級 

リンク先の楽譜は

原曲としての内容は同じですが

「運指」などが補筆されているので

はじめて取り組む学習者にとって親切な内容になっています。

価格も、ぷりんと楽譜で買った方が「約1/4」とかなりお得ですので

コレ一択で迷わず選びましょう!

■練習のショートアドバイス

 

音楽的な内容については、

ワンポイントレッスン記事を出していますので、

あわせて練習の参考にしてください。

【30秒で学べる】ラヴェル「前奏曲(1913) ホ短調」ワンポイントレッスン


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました