【ピアノ】ペダリング箇所の決定方法

本記事では、
「ダンパーペダル」における「ペダリング箇所の決定」について
基礎の「キ」を解説しています。

 

「ペダリング箇所の決定

については、

「楽曲の前後関係」や「奏者が表現したい内容」

などでも変わるので、

「これだけやれば完璧!」

などといった攻略法はありません。

一方、

普遍的な部分についての

アドバイスをすることはできます。

 

楽譜に書いてある「ペダリング」というのは、

言葉を選ばずに言えば

「いい加減」なことが多いので、

うのみにして書いてある通りに踏むと

不自然になってしまうことも。

この部分の見極めが難しいですが、

ある程度は自分で考えるというのが前提なのです。

 

最も重要な観点は

「音楽的にバスがどこまで伸びているのか」

ということです。

 

例えば、次のような伴奏があったとします。

もし楽譜にペダリングが書いてなければ、

①か②のように、

ペダリングを自身で決定する必要がでてきます。

①は、

「3拍目でペダルを踏み変える場合」です。

実際の音響は右の譜例(上段)のようになります。

このペダリングの場合は、

コードネームで示したように

「1小節に2種類の和音が現れている」

ということに注目してください。

 

(再掲)

一方、②の場合は、

「1小節まるまるペダルを踏んだままにする場合」です。

実際の音響は右の譜例(下段)のようになります。

このペダリングの場合は、

「1小節に1種類の和音のみしか現れていない」

ということに注目してください。

 

作曲家がはじめから右の譜例のように書いてくれていれば

ペダリング箇所を決定する参考になるのですが、

多くの場合は左の譜例のように書いてあるはずです。

なぜかというと、

「楽譜が見やすいから」

これだけの理由です。

楽譜というのは

「利便性」も考えられているケースが多いので、

「奏者の方で判断できるだろう」

という箇所では

「なるべくシンプルな記譜」になっているのです。

 

こういったことを踏まえた上で

「ではどちらのペダリングにしようか」

などと考えていくのです。

もちろん、

「右手のメロディ」も同時に出てきている場合は

それらも考慮して濁らないほうのペダリングを選ぶことになります。

 

(再掲)

注目していただきたいことは

「ペダリングによってバスの音響がどこまで伸びているかが変わるため、和声自体も変わる」

ということ。

演奏する音自体は同じであるにも関わらずです。

譜例の場合、①と②のどちらも成立します。

一方、

その雰囲気や和声は異なり

チョイスは奏者のセンスに任されています。

本記事の最初に、

「ペダリング箇所の決定

については、

「楽曲の前後関係」や「奏者が表現したい内容」

などでも変わるので、

「これだけやれば完璧!」

などといった攻略法はない、

と書いたのは

こういうことなのです。

 

「ペダリング」は

「作曲家自身による指示が少ない要素の一つ」

であるといえるので、

「再現性」という意味でも、

「音符」や「休符」、「和声」などから

「ペダルがどこまで伸びているか」

つまり、

「”ペダル効果” がどこまで続くのか」

を考えることが必要です。

 

最後にいくつかアドヴァイスを残しておきます。

Ⅰ. 楽曲をみていくときには「突然バスがいなくなるところ」をチェックする

「直前のバスがペダルで残っていていいのか」

それとも、

「ペダルを切ってバスの音響を完全に無くした方がいいのか」

こういったことを考えましょう。

 

Ⅱ. 「軽さ」を表現したいときには「ノンペダル」か、使ったとしても「少なめ」にするのがベター

先ほどの譜例を見てもわかりますが、

ダンパーペダルを使用すると

フレーズの音響が「和音化」されることになります。

したがって、

ペダルを踏む箇所を少なめにした方が

「軽さ」という点ではより良い選択になります。

 

Ⅲ. 「踏まなくても成立するところは踏まない」ということを前提として、踏む箇所を決定していく

これは困ったときに使える一つの方法です。

「ペダルは少なめの方が精神的に高いところにいくケースが多い」

というのは、

様々な演奏家も語っています。

 

Ⅳ. おまけ(中級者以上向け)

Ⅲ.の内容と矛盾するようですが、

中級者以上の方は

以下、本項目の内容も考えてみましょう。

 

「たった1音」を演奏するときでも、

「普通に弾いたドライな音」と

「ダンパーペダルを踏んだ場合の音」

は全く違います。

「手で繋がるから踏まない」

というのも選択肢ではあるのですが、

「この音色の違いを使い分けることを前提で踏む箇所を考える」

というのも

中級者以上の学習者には必要な観点

ほとんどの楽譜のペダル記号は教えてくれない部分です。

 


 

今回は「ペダリング箇所の決定」についての記事でしたが、

その他「ペダリングテクニック」を更に学びたい方は

以下の電子書籍も参考にしてみてください。

 

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-]

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました