【ピアノ】同音による「メロディ」と「それ以外の音」

スポンサーリンク
本記事では、
初級〜上級まで幅広い段階の楽曲に出てくる
「メロディと同音で出てくる伴奏の音」
について話題にしています。

 

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

 具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第9番 作品14-1 第3楽章」

譜例(8小節目の下段)を見てください。

赤丸印をつけた音が「メロディの終わりの音」です。

黒丸印をつけた音が「バス音が1オクターブ上がった音」です。

ここでは黒丸印をつけた音が、

メロディと同じ高さで鳴ることになります。

したがって、

極めて柔らかく演奏して「音色」「ダイナミクス」を共に変えないと

メロディの一部に聴こえてしまいます。

参考までに、

原曲にはない小さなデクレッシェンドを書き入れました。

このように、黒丸印をつけた音はしっかりとおさめます。

 

音色を柔らかくするテクニックとしては、

「鍵盤の近くから指の腹を使って打鍵し、打鍵速度はゆっくり」

これを基本としましょう。

 

「メロディ」と「それ以外の音」を見分ける方法ですが、

それらの音が

「別の段」に書かれていれば問題なく理解できますが、

「同じ段」に書かれているとややこしく感じることがあります。

これははっきり言って、

プロでも「前後関係から判断したカン」で解釈しています。

とはいえ、

この楽曲のように「棒や旗の向き」で声部分けされていることもありますので、

それを一つの判断材料にできる場合もあるでしょう。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第9番 作品14-1 第3楽章」

について学びたい方は、

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ
 ベートーヴェン ピアノソナタ第9番 op.14-1 全楽章 徹底攻略 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました