【ピアノ】ゆっくり打鍵すると、どうして音が出ないのか

スポンサーリンク
本記事を通して、
「弱奏で音が抜けてしまうミス」
が発生する理由を
楽器の構造面から理解しておきましょう。

 

弱音の演奏というのは

ある意味、

「指を速く動かすのと同じくらい、テクニックが必要」

と言えます。

◉ 鍵盤が下がったのに音が鳴らなかった
◉ かすったような音しか鳴らなかった

などといったミスが発生しがちだからです。

 

こういったミスを防ぐためには

大きく次の3つのことがポイントとなってきます。

◉ 会場リハで、そのピアノの弱音特性をつかむこと
◉ 指先の細かなコントロールを訓練しておくこと
◉ どうして音が出ないミスが起きるのか、楽器の構造から知っておくこと

今回は、この3つ目について学びましょう。

 

♬ かための解説

 

まず、かための解説をします。

 

鍵盤をゆっくりゆっくり下げていく場合、

結局、ハンマーが弦に触れることはありません。

接触ギリギリのところでハンマーは元の方向へ少し戻ります。

これが意味するのは、

「ある一定の段階まで鍵盤を下げたら、もう、指とハンマーは連動していない」

ということです。

完全に連動しているのであれば、

鍵盤を下げ続けているのに

ハンマーが戻ったりはしませんよね。

 

つまり、

連動して動いている段階で

ある程度のスピードがあれば

連動がなくなってからも「慣性」で動くので

ハンマーが弦に届き、音が鳴ります。

しかし、

ゆっくりゆっくり鍵盤を下げるときというのは

スピードがないので

連動がなくなってからの慣性を期待できません。

したがって、

ハンマーが弦に届かないのです。

 

「連動がなくなって宙ぶらりんになったハンマーを、どれくらいの慣性で動かすのか」

というのを

打鍵で調整しています。

 

「打鍵そのもので弦を打っているわけではない」

ということに注意してください。

 

♬ ざっくりとした解説

 

続いて、もっとざっくりとした解説をします。

この項目が理解できたら、

前項に戻って復習するのもオススメです。

 

デコピンをイメージしてください。

中指を親指に引っかけてデコピンする場合、

強くデコピンをしようとしたときは

中指が親指を離れた瞬間、

強い勢いで中指が飛んでいきます。

とうぜん、オデコに届きますね。

 

一方、

弱くデコピンしようとしたときは

親指から離れた中指は大して動かないので

オデコに届かない可能性が出てきます。

 

◉ おでこが「弦」
◉ 中指が「ハンマー」
◉ 親指と中指が離れる瞬間を「指とハンマーの連動がなくなる瞬間」

このように考えてみてください。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました