【ピアノ】迷わず小節番号を書き込もう

スポンサーリンク
楽譜に小節番号を書き込むことのメリット
を解説します。
学習の効率アップのためにも
どんどん番号を活用してください。

 

楽譜によっては

小節番号が書かれていないものもありますが、

それって、ほんっっとうに使いにくいんですよ。

少しでも練習の効率を良くしたいのであれば

迷わず、番号を書き込んでください。

 

全小節に書いていくのではなく

各段のはじめに記せば充分。

 

小節番号があることで

圧倒的に練習の管理がしやすくなります。

 

例えば、

「指導者と、小節番号で場所の意思疎通ができる」

何といっても

この時短の利点は大きい。

 

「○小節○拍目からもう一度弾いて」
「○小節目のデュナーミクについて疑問があります」

などといったやりとりが可能になります。

指導者にとっても、非常に助かるはず。

特に、

2台のピアノを使ってソロ曲のレッスンをしているような

指差しで「ここから弾いて」などと言えないときに

役に立つでしょう。

 

また、

小節番号を書き込んでおくことで

習いに行っているかどうかに関わらず

「○小節目と○小節目は、音は同じでダイナミクスの書かれ方だけ異なっている」

などと

自分へのメモに使うこともできます。

 

加えて、

その楽曲の分析や解釈が書かれた書籍を読み進めるときにも

たいてい、小節番号で話が進んでいくので

書き込んであると

大いに役に立ちます。

 

とにかく、

小節番号を書きっぱなしにして

どんどん活用してください。

 

ちなみに筆者は

このWebメディアで譜例をつくるときに

小節番号を明示するので、

あらかじめ番号を振っておくことで

スムーズに作成が進んでいます。

同じ楽曲を何度も使いますし。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました