【ピアノ】練習時間と上達の関係

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノ練習における悩みを解決する方法を
根本に立ち返って解説しています。

 

ピアノを練習していると、

上達に関して数々の悩みが出てきます。

もちろん、ピアノ練習では時間がすべてではありません。

しかし、

悩んでいることのほとんどは

もっと練習すれば解決できることが多い。

 

以前に 故 中村紘子さんがTV番組で語っていた内容があります。

「みなさん、やる量が少ないと思うの。」

これは、

専門家を目指す方に向けていた言葉です。

しかし、

「上達したい」という強い気持ちをお持ちの場合は

趣味の方であっても

やる量を増やしてみるのも一案。

 

日々の生活、練習環境などの事情で

必ずしも充分な練習時間を確保できない方も

多くいらっしゃることはわかっています。

その場合でも、

いつもより少しだけでも練習時間を増やしてみる。

そうするだけで、

練習における悩みの量が変わってくるはず。

 

今はたくさんの情報にあふれています。

このブログでも

少しでも多くの方の学習を

サポートしたいと考えています。

一方、

情報を集めているだけではピアノは決して上手くはならず、

自分で練習時間を作り出してコツコツやっていくことが

上達のためには必要であることを

今一度お伝えできればと思います。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました