【ピアノ】失敗しない、本番直前の「弾き崩し」対策 5選

スポンサーリンク

 

♬ 本番にピークを持っていくのが難しい…

♬ 今まで弾けていたところが本番直前に弾けなくなる…

 

こういった悩みを解決します。

 

【本記事の結論】
◉ 本番直前に、新しいアプローチの練習方法は取り入れないこと
◉ 本番直前に、奏法根本のテコ入れは行わないこと
◉ 本番直前に、大きく解釈を変更しないこと
◉ 本番直前に、通し練習をやりすぎないこと
◉ 本番当日に、机鍵盤で演奏しないこと

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

練習をしていく中で

本番前に演奏の安定感がなくなってきてしまうことを

「弾き崩す」

などと言ったりします。

ピアノはもちろん、

フィギュアスケートなどを見ていても、

本番にピークを持ってくる重要性や難しさを感じますね。

 

本番前の「弾き崩し」を対策するためには

どのようにしたらいいのでしょうか。

 

■失敗しない、本番前の「弾き崩し」対策 5選

♬ 本番直前に、新しいアプローチの練習方法は取り入れないこと

 

「新しいアプローチ」を取り入れるというのは

腰を据えて練習に取り組めるときは効果的なのですが、

どうしても「一時的な不安定さ」と隣りあわせです。

 

本番直前では、

新しいアプローチの練習方法は取り入れずに

「今までずっと取り組んできた弾きこみのやり方」

を継続するようにしましょう。

今まで通りのアプローチだと心配になるかもしれません。

しかしここで焦っても

正直、わずかの時間でいきなりうまくなることはありません。

それでしたら、

今までのやり方で安定させておくほうがいい結果になるのです。

 

こういった「弾きこみ面」に関してはもちろん、

「本番直前に、今まで聴いていなかったピアニストの音源を聴いてしまうこと」

も避けましょう。

 

♬ 本番直前に、奏法根本のテコ入れは行わないこと

 

「身体の使い方」や「音の出し方」などといった

根幹となる技術に関して

本番直前にテコ入れをするのは危険です。

それをするとやはり、

一時的に奏法が不安定になるからです。

奏法根本のテコ入れは

本番の時期を避けておこなうのが絶対です。

 

こういったことは

「弾き崩し」とは少し意味合いが異なりますが、

本番前に避けるべき事項としては踏まえるべき。

 

♬ 本番直前に、大きく解釈を変更しないこと

 

大きく解釈を変更するのは、

修正のための充分な時間が残されている

「それまでの弾きこみ期間」におこなっておくべきです。

 

例えば、

本番直前に大きくテンポを上げてしまうと

弾きこみが間に合わず不安定になるか

もしくは、ムリヤリ弾きこんで弾き崩します。

 

このように考えると、

「本番直前に至るまで弾き込み期間」

がいかに重要であるか理解できると思います。

 

♬ 本番直前に、通し練習をやりすぎないこと

 

「通し練習」というのは

ものすごく集中力が必要になりますし、

私たちが思っているよりもずっと

身体への負担が大きい練習です。

 

やりすぎることは決してオススメできません。

弾き崩しの原因になりかねないからです。

目安としては、

「1曲につき1日1回まで、残りの時間は部分練習に充てる」

このようにするといいでしょう。

 

その代わり、

「その限られた通し練習では本当に集中して取り組み、ICレコーダーで録音もする」

このようにして

質を高めることを意識しましょう。

電子ピアノでヘッドフォンを使って練習している場合、

多くの電子ピアノに付いている録音機能を使うといいでしょう。

 

♬ 本番当日に、机鍵盤で演奏しないこと

 

当日控え室でやってはいけないことは、

「机鍵盤で演奏すること」です。

よく、控え室での待ち時間に

イヤフォンで録音を聴きながら机の上で指を動かしている方を見ますが、

私はオススメしていません。

 

というのも、

指を動かしておくこと自体は納得できるのですが、

「机」と「鍵盤」では感触が全く違うので、

本番前に違う感触を体感することはむしろマイナスになると思っているからです。

「弾き崩し」というのは、

雑な弾き方をすることでついてしまう悪い癖も含みます。

問題は、

机鍵盤で確認しているのは「指の動き」だけになるので、

演奏者の「音色への配慮」が足りないという点です。

「打鍵速度」「打鍵角度」は鍵盤がないと確認できません。

 

当日までに充分練習してきたのであれば、

もう一か八かで思い切ってやるしかありません。

当日に悪い癖がついてしまわないように気をつけましょう。

控え室では「リラックスをする時間にあてる」とか、

どうしても不安なら、

せめてイメージ練習をする方がいいでしょう。

 

おそらくですが、

机鍵盤をやる方の多くは

普段から鍵盤の「離鍵(リリース)」を

意識しないで練習しているのではないかと思います。

 


 

本記事は以上です。

本番にピークを持っていくのはとても難しいことですが、

それをうまく乗り越えて本番を大成功させたときには

喜びも大きいものとなります。

本記事の内容を参考に

次の本番に向かって「弾き崩しなし」の練習をしていきましょう。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました