【ピアノ】プロでも一か八かやっている

今回の内容は、
本番直前の練習で行き詰まってしまった方へのエールです。

本番が近くなってくると、

練習量もいっそう増えてくることと思います。

しかし、練習はいつもスムーズにいくとは限りません。

昨日まで問題なく弾けていたところがある日突然弾けなくなったり、

急に暗譜が怪しくなったりと、

いくつも懸念点が出てくるのが通常。

しかし、

こういったことはプロにでもあることなのです。 

 

著名な女流ピアニストT氏は
「本番前になると、当日会場の天井が落ちてくればいいのにと冗談でも思う」
などと恥ずかしげに語っていました。
著名なピアニストK氏は
とあるTV番組に取り上げられた際、
本番が間近に迫った日の練習で上手くいかずイライラしてしまい、
カメラマンに席を外すように要求していました。

 

みんな一か八かやっているんですね。

プロにでも

不安はたくさんあるのですから、

割り切って本番にのぞむしかありません。

 

練習のポイントを1つだけお伝えしておきます。

本番前の練習では

「通し練習」ばかりをしがちですが、

通し練習は体への負担も大きいので

1曲につき1日1-2回にしておき、

他は「部分練習」に当てるといいでしょう。

そうすることで、

不安な箇所を集中して練習できます。

精神的な不安を少しでも軽減できれば

それが原因でくる本番直前の不調子の対策になります。

 

「暗譜」が不安な方は

以下の電子書籍も参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ 暗譜はカンタンに克服できる!

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました