【ピアノ】強奏による直前和音と、弱奏による最終和音、主になる声部はどちらか

スポンサーリンク
必ずしも
楽曲のいちばん最後に響く音が主役とは限りません。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

具体例で見てみましょう。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ドビュッシー「前奏曲集 第2集 より ピックウィック卿を讃えて」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲尾)

この締めくくりは

ff で強く響く中音域の和音を

静かに響く低音と高音がエコーのように包みこんで終わります。

 

つまり、

主になるのは ff で打鍵される和音のほう。

この響きをよく聴き続けたまま

それを邪魔しないように最終和音を添えましょう。

 

仮にこの部分をオーケストラで演奏するのであれば

 ff の和音と p の和音は

まったく別の楽器で演奏されます。

そのような多層的なイメージをもったうえで

音を出すといいでしょう。

 

もう一例を挙げます。

 

スクリャービン「24の前奏曲 Op.11-7」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲尾)

最後の2小節に筆者が書き込んだ

カギマークの部分に注目してください。

 

わざわざ下段に f と書かれているのに注意。

ここまでは ppp で演奏されてきますし、

この f はあえて下段に書かれているので

カギマークで示した部分だけにかかるものと解釈し

最終和音は ppp で演奏するピアニストが多くいます。

最終和音で下段だけ f で演奏するのは不自然なので

上段、下段をすべてppp で演奏します。

 

つまり、

主になるのは f で打鍵されるほう。

ppp で奏される最終和音は

深い f の響きの中に静かに響くエコーとなります。

 

上記の例と同じように、

オーケストラで演奏するのであれば

まったく別の楽器で演奏されるはず。

そのような多層的なイメージをもったうえで

音を出すといいでしょう。

 

【補足】
ちなみに、
ピアニストによっては
下段に書かれている f を全体にかかっているものと解釈して
最終和音も f で演奏しているケースがあります。
しかし、その場合は
「 
f と書かれている部分の上段にある2つの16分音符」
の処理の問題も出てくるでしょう。

 

いずれにしても、

「必ずしも、楽曲のいちばん最後に響く音が主役とは限らない」

ということを踏まえておいてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました