【ピアノ】気が乗らない期間のやり過ごし方

スポンサーリンク
本記事では、
気が乗らない時期を
どうやり過ごせばいいのかについて
「解決策」と「最終手段」を解説しています。

 

日頃の楽器練習や音楽学習で

どうしても気が乗らないこともあるかと思います。

こういった時期には

ほんとうでしたら

はっきり言って、何もやらないでおけばいいんです。

我慢したり、頑張ったり、踏ん張ったりしないといけない時点で

やりたくてやっている状態ではないから。

 

それでも、

何かのために

ちょっとでもピアノや机へ向かうべき時期を迎えている、

という場合には

どうすればいいのでしょうか。

 

筆者がおすすめする方法は簡単です。

とにかく、可能な限り反復系を避けてください。

 

楽器練習の場合は

弾き込みではなく譜読みに時間を使うとか、

音楽書籍での学習の場合は

復習や読み返しではなく

新しいシンプルなものを読み進めるとか、

やり方を工夫しましょう。

 

反復というのは

もうある程度できているものをどうにかする過程なので、

どうしても目に見える進歩を感じにくく

「維持+ちょっとした進歩」

をしているようなイメージになります。

気が乗らないときにはこういうのは避けておいて

先へ進んだ感じが得られやすい練習や学習をおこなう期間

にしたほうがいいでしょう。

 

筆者の経験だと

気が乗らない期間はそれほど長く続きません。

反復系を避けてしばらくやり過ごせば

そのうち元のやり方へ戻っていけるはずです。

 

「それでも、気が乗らない」
「いつまで経っても、気が乗らない」

という場合は、

最終手段ですが

“自分が我慢しなくてもできること” を見つけるために

いったん音楽を辞めてみるしかありません。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました