【ピアノ】伴奏パートによる表現サポート

スポンサーリンク
本記事では、
「伴奏パートによる表現サポート」について解説しています。
ワンポイントレッスンです。

 

例えば、譜例のようなメロディがあるとします。

2つの音があるので

メロディだけでクレッシェンドを表現することも一応可能ではありますが、

ピアノは「減衰楽器」ですので、

厳密には、

弦楽器や管楽器のようなクレッシェンド表現はできません。

このような時に必要な考え方は、

「伴奏パートで表現をサポートしてあげる」

ということです。

伴奏パートに動きがあれば、

その動きでクレッシェンドを表現します。

もちろん、

主役であるメロディを隠蔽してしまわない程度の主張でサポートします。

当たり前のことのようですが、

書かれている表現を

メロディだけで表現してしまおうとする演奏は

意外にもよく聴かれるのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました