【ピアノ】内声の拾い出しすぎに注意

スポンサーリンク
本記事では、
良かれと思ってやっていることが
マイナスになっていないかの注意喚起をしています。

 

ちょっとだけ厳しい言い方をする事を許してください。

 

ほとんどの楽曲には「メロディ」があります。

つまり、主役はメロディであるわけですが、

作曲家が指示したわけでもない内声をやたらに強調して、

いかにも発見したかのような演奏をする方がいらっしゃいます。

ある程度上達してきて、余裕が出てきた学習者に多い印象です。

内声の中から美味しいラインを見つけ出して、

それを強調すること自体は悪いことではありません。

しかし、やりすぎな演奏には疑問を持ってしまいます。

取り入れ方としては、

「繰り返しで、”2回目は変化を与えたい” という明確な意図があるとき」

基本的には、このような場合に限っておくといいでしょう。

思い返して頂きたいのは、

「今、その箇所で一番聴かせたいのはどこなのか」

ということです。

大抵の場合は「メロディ」ですよね。

やたらに内声の強調を取り入れて主役を邪魔しないこと。
取り入れる場合でも主役を邪魔しないバランスを探ること。

これらを意識すると

本当に言いたいことは何なのかが整理された

スマートな演奏になるはずです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました