【ピアノ】ダイナミクス記号の意味

スポンサーリンク
本記事では、
「ダイナミクス記号の意味」について留意点をお伝えしています。

 

難しくて力強く弾けないパッセージがでてきたら、

「そのパッセージは本当に全ての音をゴリゴリと弾く必要があるのか」

これを考えてみましょう。

例えば、フォルテというダイナミクス記号がありますが、

これはあくまでも

「フォルテ領域」

という意味なので、

それらの音の中での優先順位があって当然

パッセージ全体として

フォルテのエネルギーが伝わって来れば良いのです。

 

具体例として、

ショパン「革命のエチュード」を取り上げます。

曲頭の16分音符には

アクセントがついている音と

そうではない音があります。

アクセントの音に重みを入れ、

他の音は「余力」で弾くようにすると、

全部をゴリゴリと弾くよりも演奏がしやすくなります。

その上、出てくる音楽は

しっかりとフォルテのエネルギーになります。

 

この例では

作曲家がアクセントを書き残してくれていますが、

その他の例でも

細かいパッセージの中での重要な音(キーノート)

はあります。

例 : 拍頭の音、駆け上がりの到達点の音  等

(楽曲によって様々です。)

それらを出来る限り判断していくことで

立体的な演奏を目指せます。

 

繰り返しますが、

今回一番お伝えしたいのは、

「フォルテはフォルテ領域、
メゾピアノはメゾピアノ領域であり、
全ての音をそのダイナミクス通り弾く必要はない」

ということです。

 

ショパン「革命のエチュード」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [革命のエチュード] 徹底攻略①

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました