【ピアノ】マメな練習態度のつくり方

スポンサーリンク
マメにやれる学習内容を選び
すぐに始められる状態で目の前へ用意しておけば、
誰でもマメになれます。

 

最近、マメになることを

やたらすすめるようにしています。

どうしてかというと、

そのほうが

身体にとってラクで、なおかつ、

さまざまなやることがある毎日の時間を有効に使えるからです。

 

ピアノ練習におけるマメさと言えば

とにかくコツコツ練習することですが、

特に毎日の数分・数十分のスキマ時間を拾い続けることに

力をいれてください。

 

短い時間で切り上げなければならない場合には、

「弾き込み」などの

まとまった時間が必要な練習は向きません。

やるべきことは

「進んだ成果が目に見えることをやる」

これに限ります。

 

具体的には、譜読み。

弾き込みなど反復系の練習は

別の機会にまわしましょう。

 

「譜読み」の中でも例えば

運指やペダリングを決めていくようなものであれば、

その時は5分しかとれなくても

5分ぶん、目に見えて先へ進みます。

できているものをブラッシュアップさせる段階ではなく

まだ「決めていく段階」ですから。

これを1日に何回も積み重ねていきます。

 

とうぜん、

ちょっとした時間は音楽書籍での学習にまわして

まとまった時間がとれるときにはピアノへ向かう、

というやり方でもいいでしょう。

 

いずれにしても、

マメにやれる学習内容を選び

すぐに始められる状態で目の前へ用意しておけば、

誰でもマメになれます。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました