【ピアノ】同音連打における運指決定のコツ

スポンサーリンク
同音連打における運指決定の方法は、
連打でよく使われる何パターンかの運指を並べて比較してみると
すぐに発見できます。

 

同音連打を同じ指でおこなう場合もありますが、

指を変更するやり方も広く行われていますね。

 

楽譜に運指が書かれていればいいのですが、

そうでない場合は

自身で決めていくことになります。

 

決めるコツがあるのですが、

その前に少し考える時間をつくってほしいと思います。

 

今まで取り組んできた楽曲において

同音連打のときに運指が書かれていたものでは、

どのような番号が書かれていたでしょうか。

「321 321 …」
「4321 4321 …」
「54321 54321 …」
「21 21 …」

多く見られるのは

このような運指ですね。

 

では、これらに共通することは何でしょうか。

「外側の指から内側の指へ向かって使っている」

ということ。

このようにすると、

その逆(内側→外側)よりもずっとやりやすいんです。

このことを知ってください。

 

実際に音を出してみれば

弾きやすいかどうかなんて

知っていなくても分かるわけですが、

運指付けに慣れていない学習者だと

弾きにくくても「内側→外側」の運指を付けてしまうことが

結構あるんです。

 

ちなみに、

ポピュラーピアノで

原曲が「歌もの」の編曲の場合は

メロディに同音連打が出てくる作品も多い。

歌詞があるからこそ

こういった連打が生じるわけです。

やはり、

本記事で扱った運指付けの方法を

応用することができるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました