【ピアノ】「君の練習は積み重なっていないよ」と言われた日

スポンサーリンク
本記事では、
「積み重ね」を話題として
私自身の経験談を元に
読み物的な内容をお届けしています。

 

【ピアノ】その練習は積み重なっていますか?

という記事で、

「ピアノの練習内容自体を見直すためのチェック項目」

を取り上げました。

「練習が積み重なるためにはどうすればいいか」

ということを考えて頂きたかったのです。

 

以下、「積み重ね」に関する私自身の経験談をお話しします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筆者は

実は中学校では運動系の部活に入っていました。

ただ、

生まれつきのものなのか、スポーツ全然ダメなんです。

音楽のように上達していかない。

とある日、顧問の先生に呼ばれ、

「君、ピアノはどうやって上達した?」

ときかれました。

(ピアノが弾けることは中学校にも知られていました。)

「積み重ねだと思います。」

と答えたところ、

「そうだろう? でも、君の部活の練習は積み重なっていないよ。」

と言われたのです。

 

その時に、

「練習が積み重なるためにはどうすればいいか」

ということを初めて考え始めました。

なんとなく部活の時間が過ぎるのだけを待っていた筆者にとって

その練習内容が積み重なるわけはなかったということです。

 

「土曜日にある部活の大会」よりも

「日曜日にあるピアノの発表会」のほうが

当時の筆者にとっては重大イヴェント。

要するに、運動を好きにはなれなかった。

言い換えると、音楽のほうは好きで仕方なかったのです。

 

それから、音楽の道に進んだ筆者は

「練習や学習が積み重なるためにはどうすればいいか」

ということを常に意識するようにしてきました。

部活と異なり、

音楽ではそこまで意識しなくても積み重なってきていたのですが、

やはり、それだけでは限界があることも感じたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

経験談はここまでです。

読者の皆さんにも

【ピアノ】その練習は積み重なっていますか?

という記事の内容を参考にして頂き、

「積み重ね」の意識を常に忘れず

日々の練習へ向かって欲しい思っています。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました