【30秒で学べる】ショパン「バラード第4番」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ショパン「バラード第4番 ヘ短調 op.52」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、2-3小節目)

左手の丸印をつけた箇所は「バスの音」です。

左手はこれらの音だけ深く打鍵し、

他の音はバスの響きの中に入るように極めて柔らかく。

 

参考までにペダリングを書き入れました。

ほとんどの版ではペダリングは最低限しか書いてありませんので、

演奏者の方で決定していかなければなりません。

3小節目の後半で「ペダルを一瞬離している箇所」に注目してください。

これは「2度音程の濁り」を避けるための判断です。

ペダルを離しますので、

右手のメロディはしっかりと小指で残しておかなければいけません。

この音は、打鍵したら終わりではなく、

伸びている音をしっかりと耳で聴くことが大事。

そうすれば、

内声の動きとのバランスをとることができます。

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】ショパン「バラード第4番」ワンポイントレッスン

 

ショパン「バラード 第4番」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [ショパン バラード第4番] 徹底攻略①

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました